« 【塩原】河童の湯 | トップページ | 【喜連川】ベルセルバ »

2005/08/28

【鬼怒川】キャトル・セゾン

混浴露天風呂のあるホテル!

20052005

富山の住人、きよちゃんとお姉さんの「ようこそ!混浴露天風呂の世界へ」を読んでいたら、全く名前も知らなかった鬼怒川温泉のキャトル・セゾンが紹介されていた。これは大ショックで確かめなくてはと義務感に駆られ行ってきた。
Quatre Saisonsは東武鬼怒川線鬼怒川公園駅のすぐ北にある小原交差点の横にある瀟洒な雰囲気のホテルだ。隣は花の宿松屋で、そこには1泊したことがあったが隣には全く気がつかなかった。
「素泊まり、日帰り入浴できます」と書かれた看板を確認して玄関を入るとユニークさもあるきれいなロビーに驚く。フロントで入浴を頼むと歓迎してくれ、800円でフェースタオルを貸してくれる。女性には湯浴み着も渡してくれるらしい。なおこの料金には湯上がりの飲み物(コーヒー、紅茶)が含まれている。
20052005
大浴場へは何故か一度屋外に出てテラスでエレベーターに乗り最下階へ下がる。エレベーターから出るとヨシズで壁が覆われ不思議な雰囲気だが面白い。椅子の休憩所があり、灰皿が置いてある。男湯の暖簾をくぐると脱衣場でプラ籠の棚に服を脱ぎ扉を開けると階段を下るようになっていて下には円形の混浴露天風呂が待っている。鬼怒川に突き出たテラス(立入禁止)があるが、そこに行かなくても鬼怒川の奔流が見えている。

20052005

お湯はいかにも鬼怒川温泉だが、カルキ臭は皆無で注入部では泡まで上がっている。湯温は42℃あり熱めで循環加温は間違いないが妙に湯の鮮度がよく感じられる。
女湯側には女性専用の岩風呂があるようだ。
20052005

エレベーターで1階上がり男女別内湯へ行く。こちらには先客2名が出る所だった。さすがホテルの大浴場で、アメニティーも必要十分で棚の竹籠が斜めに置かれていたのが目に新しい。タイル張りの浴槽は15㎡はある広いもので、縁が二重になっていてオーバーフローを回収するようになっている。

200520052005

湯上がりのアイスコーヒーをご馳走になりながら、塩素臭がない理由を聞いたが塩素以外の消毒方と言うだけだった。分析表が38年前のものについても触れたが新しい表は仕舞ってあるらしい。

室内、混浴露天風呂の雰囲気は若いカップルに最適なように感じた。男一人で行く所ではなさそうだ。

<施設名> キャトル・セゾン
<所在地> 栃木県塩谷郡藤原町藤原19   <TEL> 0288-77-1137
<源泉名> 滝の湯源泉(鬼怒川温泉協同組合)
<泉質>   アルカリ単純泉   <pH> 8.0   <湯温> 26℃

<営業時間> はっきりと決まりはない。電話で確認
<入浴料> 大人 800円 (貸しタオル、飲み物付き)
        小人 500円

      2005.8.26

|

« 【塩原】河童の湯 | トップページ | 【喜連川】ベルセルバ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46043/5668957

この記事へのトラックバック一覧です: 【鬼怒川】キャトル・セゾン:

» 鬼怒川サイト [鬼怒川のリンク集]
鬼怒川のリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [続きを読む]

受信: 2007/08/19 12:10

« 【塩原】河童の湯 | トップページ | 【喜連川】ベルセルバ »