« 【那須】萌芽の湯(旧華乃湯) | トップページ | 【黒羽】五峰の湯 »

2005/09/22

【那須】(旧)喜美の森

P9210011P9210012

 
那須町の山麓部及び北東部には日帰り施設と無縁な別荘地専用温泉やゴルフ場の専用温泉がいくつもある。そのうちもっとも北東部に位置し、福島県境に近接しているのが那須Resort倶楽部喜美の森ホテル&ゴルフだ。このホテルとセットになったゴルフ場は旧名「マーベルスター伊王野ゴルフ倶楽部」で1996年に開場している。コースからは西に那須連峰、南に八溝山を望む。
基本的にゴルフ場の来場者とホテルの宿泊者のみ温泉に入れたが、HPをいろいろ見ていたらなんと日帰りで開放しているではないか!もっとも平日のみ入浴可であるから全面開放ではない。

P9210013国道294号線から伊王野方面に曲がり、棚倉町に抜ける道の途中にある。よくあるゴルフ場のクラブハウスの形とは全く違いどこから入っていいものか少し迷うが、ホテルフロントの表示に従い瀟洒なロビーに入りフロントで入浴料金を払いその少し先のロッカールーム、大浴場に進む。
脱衣場も実に整然としてきれいで、洗面台は1人分ずつ鏡で仕切られていて三面鏡状態だ。勿論アメニティーは完備で、バスタオルやフェースタオルが棚の中の籠に折り畳んで入れてある。この状態はどこのゴルフ場でも見たことがない。
 
P9210016P9210015
 
自動ドアを通り内湯に入ると息を飲んだ。全体が煉瓦色の浴室内にモールの香りが充満している。無論サウナや水風呂もあり、しきりのあるカランが12人分立体的に配置され、あれならしぶきもかかりにくい。この時は先客1名が出て行き、完全に貸し切り状態だった。浴槽は20㎡弱で十分な広さだ。湯中に小段で仕切られ、変則的な2槽にわかれ、底にエアブロー設備があったが泡は出ていなかった。湯使いの表示には循環加温、塩素消毒とあったが、塩素臭は皆無で植物系のモール臭が湯口から沸き立っている。
 
P9210017
 
内湯の浴槽のガラス窓の外が露天風呂だ。こちらは石材を貼った上品な雰囲気の露天風呂で勿論磨いていないから滑ったりもしない。こちらも曲線を配したデザインで実に瀟洒だ湯口からは40℃のぬるめの湯が出ていて、浴槽内は循環加温により42℃になっている。無論モール臭タップリで、つるつる感も十分な極上の浴感だ。
湯口からの源泉添加分が掛け流されている。

P9210020

千円札一枚でこれだけの温泉に入れた事を感謝して喜美の森を後にした。
尚、愛犬同伴でゴルフがプレイでき、愛犬同宿の部屋もある。また前庭に水着着用の露天風呂があり、その周りにはワンちゃんを入れる露天風呂もある。まず、素晴らしいリゾート施設だ。

 
<施設名> 那須Resort倶楽部 喜美の森ホテル&ゴルフ
<所在地> 栃木県那須郡那須町伊王野2710 <TEL> 0287-75-2300
<源泉名> 伊王野温泉
<湧出地> 栃木県那須郡那須町伊王野2710
<泉質>  弱アルカリ性単純泉    <pH> 8.2
<成分総計> 0.602g/kg     <蒸発残留物> 439.1mg/kg
    Na:156.6mg Ca:7.1mg  HCO3:368.5mg CO3:10.3mg F:12mg Cl:9.8mg
    メタ珪酸:32.5mg   ガス成分 0
<密度> 0.9986   <泉温> 41.2℃
<性状> 黄褐色に着色しほとんど澄明 無味無臭
<試験年月日> 平成8年6月18日
<営業時間> 12:00~17:00 平日のみ立ち寄り可
<入浴料>  大人 1000円  小人 500円
<温泉犬> 飼っている温泉犬はいないが、愛犬同伴で宿泊可能。
        犬用露天風呂有り
<感想> ほどよいつるスベ感。体を包む芳香系モール臭に爆沈

     2005.9.21

追記
別項目であらためて紹介するが、2006年8月1日より経営主体が変わり、霞ヶ城ゴルフクラブという3つ目の名前に変更された。
施設そのものはそのままだが、わんこの受け入れは無くなったしスタッフも変わった。
日帰り入浴の時間、料金は未確認だ。

|

« 【那須】萌芽の湯(旧華乃湯) | トップページ | 【黒羽】五峰の湯 »

コメント

8月1日から9月30日まで実施しているサマーキャンペーンのうちの
サマーランチバイキングプランで、昼食と温泉を堪能してきました。
わんちゃん露天風呂には小型犬用と大型犬用、大型露天風呂(飼い主用)があって
飼い主用露天風呂でわんちゃんが飲泉及び足湯(前足)してました!
お湯の特徴は炭酸水素368.5mgということは
お近くの芦屋温泉が58.6mgで「炭酸水素イオンを多量に含有するきわめて稀な温泉」
だから、とんでもない温泉ってことですね(笑)。
近くの五峰の湯でも76.2mg
塩原の「東や」なんか「526.4」でカランが重曹で真っ白になってます
那須の「お菓子の城」は「738.0」ですよね
能書き効果ってのもあるんでしょうね
近いからその後、芦屋温泉行っちゃったんですね~、
自分にはあわなかったです、やめとけばよかった。
喜美の森の余韻が消えちゃいました。

投稿: デミオ | 2005/09/24 00:02

デミオさん、行きましたね!
詳細を皆さんも見てください。
http://g2101.immex.jp/test/read.cgi/hotyu/1127488573/

県内で炭酸水素イオンがもっとも多い温泉は意外に鹿沼の出会いの森なんです。1483mgもあるんですよ。pHは7.8なのにウナギ級のヌルヌル感があります。ただ、市営の悲しさで塩素添加量が多く、濾過除鉄のために源泉の価値を下げています。鉄分はホントは開運の湯より多いんですがね。

投稿: 流れ星@番頭 | 2005/09/24 01:48

愛犬家でゴルフ好きの友人が
宿泊&ゴルフで 何度も行っていて
評判は聞いていました。
母もゴルフをしていたから
こうゆう施設はとても好みなんですが・・・
いつもながらに・・・・です。
残念だな・・・

投稿: 冬薔薇 | 2005/09/24 09:53

>冬薔薇さん
ここにちょっとした手摺りさえあれば、食事といい、介護の旅にピッタリなんですけどねぇ。
このクラスで、リゾートホテルならあってもおかしくないんですが・・・。

>デミオさん
ミスタッチでしょうけど、「芦野温泉」ね。
ああいう虚偽記載は一番腹が立ちます。お客がそうかと思っている点もね。
重曹泉だとお隣の群馬に驚異的な濃さの温泉があります。
妙義温泉とか磯部温泉ですが、残念ながら湯船では希釈してますけどね。

投稿: 流れ星@番頭 | 2005/09/24 14:53

その昔地図に温泉マークが載ってるーってお聞きしたとこですね。
なかなか良さげですねー。
爆沈って表現は外れた時に使ったほうがいい鴨?(笑

リゾートと言っても手摺を必要としないひとの利用する施設なので想定していないのでしょうか。
まあこの競争の時代ですから駄目な施設は淘汰されるでしょうし、いい施設を利用するだけです。

投稿: Take | 2005/09/24 19:05

>Takeさん
いや~、いい温泉、雰囲気のいい施設でしたよ。確かにゴルフ場なら手摺りは不要とも言えるけど、以前、ボンベの酸素吸いながらゴルフしているおじいさんを見たことがあります。だから手摺りぐらいあってもイメージが壊れることもないと思いますよ。
「爆沈」そーだったんですか。Takeさんをまねしたつもりだったからお説に従います。「撃沈された」という表現はOK?

投稿: 流れ星@番頭 | 2005/09/24 23:11

撃沈も一緒でしょー。(笑

厚生労働省通達の話を持ち出せばすぐに対処する鴨?
肌を露出するので怪我を回避するデザインにして欲しいです。
公共施設だと考慮されても民間企業だと難しい面もあるでしょうけど。
サウナの非常ボタンも床に近いところに設置するとか。ちょっとした心配りで施設の格が上がると思うな。
ハード面が整った施設はソフト面も充実してますね。

投稿: Take | 2005/09/25 13:56

サマーランチバイキングプランは2,000円で、
昼食と温泉を堪能できて申し訳ないなぁと思ってたら
何と!1月1日から2月4日(土)まで
ランチバイキングプランやってます。
割引券持参で、
1,200円(税込)で、ランチバイキングの他
温泉入浴無料!
割引券はここ↓にあるのでどうぞ
http://www.kiminomori.net/contents/biking/lunch_biking_2006_01.htm
忘れてもホテルのフロントに置いてある。
でも見せなくてもだいじょうぶな雰囲気。
バイキング内容は前回より相当レベル落ちると予想したけど
全く落ちてなかった。
ローストビーフは目の前で切ってくれるし、
天ぷらも目の前であげている。
本来は入浴だけで1,000円なのに、信じられない。
レストランは混んでました。温泉は空いてました。
露天風呂の湯口は加温された源泉でしたが
内湯の湯口は冷ためなので源泉そのままだという
新たな発見をしました。

投稿: デミオ | 2006/01/09 01:18

>デミオさん
相変わらず素晴らしい情報です。
なんで分かったんですか?
こりゃ、絶対に行かないと!

投稿: 流れ星@番頭 | 2006/01/09 10:27

確かにハード面はバリアフリーからはほど遠いですね
ドア開けて浴室に入ると、いきなり階段になってるし。
----------------
喜美の森はよく企画があるので、
まめにサイトをチェックしてました。
その他の情報源としては「道の駅那須与一の郷」
ここは意外にも多くはないけどそこそこ割引券等がおいてある。
芳賀のロマンの湯の100円引き券とか(今はないけど)
ここも時たま寄ってチェックしてます。

投稿: デミオ | 2006/01/11 00:52

>デミオさん
基本的にゴルフ場の浴室はバリアフリー考慮してません。
お客は健常者が前提ですからね。
でも、ホテル併設なんだから、変わってくるかもしれません。
 
HPのチェックは必要ですね。
それと、与一の郷はあまり用事が無くて^^;

投稿: 流れ星@番頭 | 2006/01/11 18:58

温泉イベントに参加。
喜美の森では男性露天風呂は故障の為入れないとの掲示
加温の設備が故障のようだった。
ご案内に「何卒ご了承下さいませ」とあったけど
簡単に了承する一行ではありませんでした。
流れ星さんは湯口に顔を近づけ臭いを嗅ぎ、加温されてないことを確認
湯舟には湯が張ってあったので
「水風呂よりは温かい!」「源泉100%だ!」と一行は入りました。
今回でここは3回目だけど、番頭さんのお話を聞けて
なかなか楽しかった。
料理のほうもなかなか手間暇かけてた。
てんぷらなんかはわざわざ衣は氷で冷やしその場であげていた。
みかんの鮮度が?以外はすべて◎でした。
今回はカニ食べたゾ~!
次回のランチバイキングは3月17日から4月9日
料金は1,500円と多少上がるけど
料理やデザートはさらに充実とのこと

投稿: デミオ | 2006/02/26 23:48

>デミオさん
喜美の森で、意外な顔を発見して嬉しかったんですよ。10時半に着いてランチバイキングの申し込み8人分しておいたから全員すぐ食べられてよかったですね。11時過ぎに申し込んだ客は1時半からと言われてましたから。
露天風呂は循環加温装置の故障のようでしたが、湯口が源泉と証明されて逆によかったですよ。それにしても、加温の威力はすごいんですね。

投稿: 流れ星@番頭 | 2006/02/28 00:20

場所とりお疲れさまでした
並ばずに漁夫の利を得てしまいました。
女風呂は露天が2つに寝湯があるとのことで
図面みても女湯のほうが広いようです

投稿: デミオ | 2006/02/28 01:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46043/6058924

この記事へのトラックバック一覧です: 【那須】(旧)喜美の森:

« 【那須】萌芽の湯(旧華乃湯) | トップページ | 【黒羽】五峰の湯 »