« 【足尾】かじか荘 | トップページ | 【塩原】長寿温泉 »

2005/11/10

【鬼怒川】仁王尊プラザ

鬼怒川仁王尊プラザ
mixi_off_3

鬼怒川温泉と言えばまず温泉ファンは加水循環の塩素タップリかぁと落胆する。しかしその中で文句なしの泉質で湯使いも言うこと無し、浴槽もいろいろあり景色も抜群という日帰り入浴中心の宿がこの仁王尊プラザだ。
 
04mixi_off_4
 
玄関を入ると宿のフロントというより日帰り温泉の受付に料金を支払いエレベーターか階段で階下に下がる。休憩所の大広間を左に見ながら一旦戸外に出ると2体の仁王尊がそれらしい門の中に屹立している。よく見ると運慶快慶とは無縁な表情や彩色の作りで、なにやら漫画チックだ。後で気が付いたが、右手の奥には湯掛け地蔵が洞窟に鎮座し、大日如来や普賢菩薩、観世音菩薩を横に従えている・・・???
仁王さんに掲げられた看板を読むと、
 ○股をくぐればはしかが軽くすみ、中風にかからぬ
 ○拝み触れば子宝と金運に恵まれ元気が出る
それではとくぐらせていただき、中を見上げると、それはもうご立派な金色の一物がぶら下がっている。
mixi_off_6mixi_offmixi_off_1
 
気を取り直し川側へ進むと舟の湯があり右が女湯左が男湯の入口だ。脱衣場には100円玉が飲み込まれるコインロッカーがあるが、殆どの人が籠に服を脱ぎ置いている。風呂から見えるからだ。売り物の湯舟は本物の屋形船で、舟の縁から湯が溢れている。湯口は加温した湯と源泉が別々に注がれているがぬるめのいい湯加減だ。
肌に驚くほどの泡つきもある、つるつるスベスベの湯だ。
 
2005湯舟で立ち上がると鬼怒川が目の下に見え、対岸の緑が爽快だ。まだ紅葉していないし、常緑樹が多そうだ。
壁にライン下りの予定時間が貼り出され、舟が通ると立ち上がり、いろいろな所を振って挨拶するするそうだ(?)

一旦服を着て建物横の岩の風呂へ移動する。
 
0404
 
この日は「掃除中」と標識が立っていたが、何の問題もなく入れた。やはりぬるめのつるつるするお湯で気分がいい。浴槽の下に池が作られガチョウが遊んでいた。湯口はパイプで、浴槽内に泡と一緒にお湯が注がれていた。
丸い石をコンクリで固めた浴槽で十分B級の雰囲気を醸し出している。
 
042005
 
さて、また服を着て内湯へ移動。タオルを巻いて移動している人もいたが。木造の浴室は少し暗い。石の板の床に岩風呂の作りで一番温泉らしいかもしれないが、ここが一番客が少ない。ここにもアメニティーは無い。湯温、泉質とも露天風呂と違いはなく、カルキ臭は感じない。
岩の風呂(露天風呂)の隣に完全にオープンな露天浴槽がある(右上の写真)が使われていない。ここにも湯を張り、混浴にでもして貰いたいものだ。
 
mixi_off_7人によっては日帰り専門と思っているようだが、ここはあくまでも宿泊施設で、来週は70人の団体が入るとか話していた。ただし、余程の事情がない限り泊まりたいとは思わないが。
和室の大広間も完備で、結構広い。確認はしていないが食料持ち込みしても怒られないかも。なお釣り堀やバーベキュー場まで完備している。裏通りにある宿だが、鬼怒川温泉でここは絶対はずせない。
帰り、車に戻ったら隣接するおそば屋さんにかわいいワンコがいた。立派に温泉犬だ。やはり『名湯に温泉犬あり』の法則は不変だ。


<施設名> 鬼怒川仁王尊プラザ
<所在地> 栃木県塩谷郡藤原町大原371-1   <TEL> 0288-76-2721
<源泉名> 鬼怒川仁王尊の湯
<湧出地> 栃木県塩谷郡藤原町大原372-1
<泉質>  アルカリ単純泉(アルカリ性低張性温泉)  <pH> 9.6
<泉温>  39.4℃        <密度> 0.9984
<成分総計> 0.314g/kg     <蒸発残留物> 213.3mg/kg
    Na:91.1mg Ca:5.5mg K:0.4mg Mg:0.1mg  カチオン計 97.2mg
    Cl:40.9mg SO4:61.9 HCO3:20.7mg CO3:22.9mg F:10.6mg  アニオン計 170.1mg
    非解離成分 メタ珪酸:46.9mg  ガス分 CO2,H2S:0mg
<分析年月日> 平成14年1月15日
<営業時間> 8:00~22:00 (受付終了21:00頃)
<入浴料金> 大人 500円  小人 250円
         ※第2木曜日は大人 260円
<温泉犬・牛乳> 蕎麦屋前に1頭  メグミルクパック 120円

<感想> 栃木を代表する抜群のB級温泉 泉質、景観とも文句なし!

     2007.2.15 4度目

|

« 【足尾】かじか荘 | トップページ | 【塩原】長寿温泉 »

コメント

ここの送迎バス 
たまーに都内でもみかけます。
高速道では かなりの確立で出会います!

投稿: 冬薔薇 | 2005/11/11 09:00

>冬薔薇さん
ここのチラシに「10名様以上関東一円無料送迎バス」とありました。おおるりグループに対抗しているんでしょうね。
お湯はいいけど、バリアフリーは配慮無しですね。

投稿: 流れ星@番頭 | 2005/11/11 13:39

>バリアフリーは配慮無

わたし 1人でいきまーす!(笑)

投稿: 冬薔薇 | 2005/11/11 14:19

>冬薔薇さん
 
まあ、都会のセレブ冬薔薇さん向きの温泉かどうかは若干の疑問はありますよ。
是非健常者10人の団体でお出で下さい。

投稿: 流れ星@番頭 | 2005/11/11 22:22

セレブなんかじゃないですよ(笑)
どちらかといえば 
自然の趣があるほうがスキです。
それに ここは一度伺いたいなーって
思っていた次第でして・・・
ゆっくり のんびり 安くて 
地物の美味しいものがあるところ!
って やはり 贅沢かなー

投稿: 冬薔薇 | 2005/11/12 14:48

年末年始は24時間営業です
31日の午前8時から、元旦、2日、3日の午後10時まで
ぶっとおし営業です

投稿: デミオ | 2005/12/13 20:12

>デミオさん
また行ってきましたか?
年末年始は24時間ぶっとおしとは驚きました。
貴重な情報感謝です。

投稿: 流れ星@番頭 | 2005/12/13 23:24

すごーい。
年末年始は栃木でダラダラしているので、思い立ったら「仁王尊」が出来るんですね。嬉しいなー。ありがとうございますー。

投稿: あゆちゃん | 2005/12/14 18:58

受付の人に面が割れてるみたいで
初めてじゃないよね、年末年始は24時間だからと
説明うけちゃいました。
参拝者は多いとは思えないけど
初詣は「仁王尊」に行くかな

投稿: デミオ | 2005/12/15 00:35

>デミオさん
仁王尊に初詣って面白いかも♡
私が入ったのは夜なんで仁王尊は見た事ないんです。流れ星さんやTakeさんに「夜だとピッケちゃんが泣くかもよ?」ってアドバイスも頂いているので、元旦から昼風呂してきそうな予感です。

投稿: あゆちゃん | 2005/12/18 17:17

行ってきましたよ。仁王尊!
休憩室で旦那と交代で入りました。
本当は娘も入れたかったんですけど、私達も散々遊びつかれて私達だけお風呂に入りました。旦那は船~岩~内の順番で入り、私は内~岩~船の順で入りました。お湯がトロンとしそうな感じで気持ちの良い肌に優しいお湯でした。とても気に入っちゃった。また行くかもです!
今回は暗くなってしまったので今度は明るい時間に行こうかな。

投稿: 三日坊主夫婦 | 2005/12/27 21:37

>三日坊主夫婦さん
鬼怒川温泉を見直したでしょう?
やはり昼間行かないと、鬼怒川も見下ろせないし楽しみが半分です。
長寿の湯はいかがでしたか?

>あゆちゃん
元旦にお会いするかもね。

投稿: 流れ星@番頭 | 2005/12/27 23:49

鬼怒川温泉に行ったのは今回初体験であのお湯に触れられたし、私も旦那も鬼怒川は楽しいところだというイメージがつきました。

長寿の湯は特徴のないお湯でしたが、泊まってゆっくり過ごすには良いところかも・・・冷えては入りと五回くらい入ったかも(^^ゞお風呂からすごく近い部屋だったので便利でした。
食事はログハウス風の造りの併設の建物で和食をいただきました。旅館でよくあるメニューって感じかな。値段相応でご飯もおひつで出てきたのが嬉しかったです。

皆様元旦に仁王尊に行かれるのですか♪いいですね!!

投稿: 三日坊主夫婦 | 2005/12/28 08:07

>三日坊主夫婦さん
ホテル長寿の湯は値段相応でしたか、よかったですね。
温泉に何度も浸かれるのはいいですね。沸かしでも、自家源泉ですからね。
三日坊主さんたちも初詣に仁王さんいかがですか?

投稿: 流れ星@番頭 | 2005/12/28 21:29

私もここ行ってきました。とても不思議な空間で、個人的に気に入っちゃいましたよ。


トラックバックもさせていただきました。

投稿: ごまちゃん | 2007/08/06 20:43

>ごまちゃんさん
温泉ファンは鬼怒川温泉は通過するものと決め付けがちですが、ここも含め頑張っている施設はいくつかありますね。
このアヤシイ雰囲気は絶対貴重です。
肌にも優しかったでしょう?

投稿: 流れ星 | 2007/08/22 09:29

第2木曜は風呂の日で入浴料260円。
年末年始の営業の確認がてら行ってきました。
年末年始の24時間営業はやらないで、通常営業だそうです。
「夜中は客ほとんどこなかったしねぇ」とのこと。
舟の露天風呂は湯気がこもって、小屋全体から湯気もうもう。
夜は提灯の赤い光が湯面にユラユラで怪しさというより
妖しい雰囲気充満です。
東急ハーベストと花茶寮にお湯を分けてるにもかかわらず
舟の露天風呂の加温源泉のみならず、生源泉も投入してる
贅沢な湯づかいは貴重です。

投稿: デミオ | 2007/12/15 21:38

 仁王尊プラザへのコメントも久しぶりになってしまいました。
 onken21さんの掲示板に舞台の湯オープン後の流れ星さんのレポあったので、自分も書いておきます。
 混浴露天風呂(水着着用)「舞台の湯」が2009/8/12にopenとのことで昨年行ってきました。
 以前は第2木曜に仕事終えて毎月行っていましたが久しぶりでした。第2木曜の入浴料260円はもうやめたそうです。
 だいぶ様変わりして、ごちゃごちゃした感じが良かったのですが、すっきりし過ぎです。でも湯は良いです。
・入り口が1カ所になりました。
 以前はコインランドリーからも行けましたが、
 そのコインランドリーがなくなり、事務所になりました。
・ロッカールームができました。
 受付でロッカーキーを渡され、ロッカーの中にサンダルが入っています。
 館内の移動はサンダル。
・コインロッカー撤去。
 それぞれの脱衣所にあったコインロッカーは撤去されました。
・木が相当切られてスッキリし過ぎ
 聞くと落ち葉が多かったからとか。
・池の奥にあった祠がなくなっています。
・食堂横にあった怪しいすっぽんの店がなくなりました。
・舞台の湯が新設
 水着または湯あみ着が必要です。
 ここはみんな見るだけで、自分ひとりが見学されてました。
 脱衣所がなく脱衣カゴが置いてあるだけなのが難です。

 下野新聞に掲載されていた鬼怒川ライン下り「和船足湯」にも行ってますが、源泉名「大滝の湯」かけ流しです。
 利用日はライン下り営業期間(4月中旬~11月下旬)9:00-15:00
 ライン下り利用者のみの利用との掲示がありました。
 足はつっこまず味見だけしてきましたが、良い湯でした。

投稿: デミオ | 2010/06/07 21:42

夜しか行った事がないので、是非昼間の景色をみたいな~と思いながら、鬼怒川だと、星のやに行ってしまいます。
今度行ってみます。

投稿: のん | 2010/06/10 21:32

 自分も仁王尊は仕事終えてからなのでほとんど夜でしたが、夜のほうが赤い提灯の光で、夜のほうが舟が怪しく雰囲気が好きです。
 星のやも以前行った時は夜だったので、露天風呂は景色何も見えなかったので、再度、行きたいなと思っているうちにのんさん情報で露天風呂休止のようで、ごぶさたしています。

ところで、花茶寮ですが、
鬼怒川・川治温泉の日帰り入浴一覧を確認していましたら
http://www.kinugawa-kawaji.com/play_buy/images/higaeri_list_20100514.pdf
花茶寮の入浴料が1000円から500円と半額になっており、おっ!と思いました。
 でも備考欄に「温泉ではありません」の記載が加わりました。
 源泉は仁王尊の湯を使用しており、内湯(露天は特徴なしでしたが)は硫黄臭もあり、ぬるすべで、仁王尊らしい良い湯だなと感じていました。
 まぁ、本家に比べると影響を与えているので本家が一番ですが。
 仁王尊プラザでは見られない白い砂がざくざくたまっていたので興味深く再確認でもと思っていましたが温泉じゃなくなりました。
 花茶寮のサイトでも、日帰り入浴500円記載となりましたが、温泉の文字も消えました。
 以前、湯めぐり掲示板に花茶寮をレポりましたが過去ログに移行しているので仁王尊の湯を使っていたのでこちらに書いておきます。

投稿: デミオ | 2010/06/11 22:53

看板に変化が!「700円」の記載です。
5月に前を通った時は500円だったので、6月か7月ぐらいに値上げしています。
地元客は神山温泉ができて一部流れたので、今回でさらにあちらに流れるかも。
昼間の駐車場は地元以外の車がほとんどなんで、大勢に影響はないかな。
http://www.niousonplaza.com

投稿: デミオ | 2010/09/21 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46043/7008618

この記事へのトラックバック一覧です: 【鬼怒川】仁王尊プラザ:

» 鬼怒川温泉 仁王尊プラザ(栃木) [ごまちゃん温泉体験記]
鬼怒川温泉のわりとはずれの方にある温泉です。一般的にはあまり有名ではありませんが、一部の湯ヲタにはかなり名前の知られている温泉で、訪れている人が多いと思います。 鬼怒川温泉では珍しく、すべての湯船が源泉掛け流し。しかも、いろんな趣向を凝らした施設である...... [続きを読む]

受信: 2007/08/06 20:40

« 【足尾】かじか荘 | トップページ | 【塩原】長寿温泉 »