« 【那須】Hグリーンパール那須 | トップページ | 【宇都宮】ただおみ温泉 »

2005/12/21

【鬼怒川】湯歩道

鬼怒川観光ホテル(別館) 旅の湯歩道
05

2005年12月16日に日帰り可の入浴施設「湯歩道(ゆうほどう)」が鬼怒川観光ホテル(別館)にオープンした。
同じ岡部グループのホテルニュー塩原にできた「湯仙峡」がそこそこ楽しめたので早速行ってみた。
よく確認せず行ったため、左岸にある鬼怒川観光ホテルひがし館の前に出たが、なにやらシーンとしてリニューアルオープンの雰囲気は無し。そこで対岸にある別館に行ってみると、進入路にのぼりはヒラヒラしていてそれとすぐ分かる。ホテル前に駐車すると、ホテルマンが走り寄り、キーを預かりますとのこと。預かり証を渡された。さすが大型ホテルだ。
玄関を入ると、今夜のショーのダンサーと思われるロシア美人が歓迎だ。フロントに日帰りを申し込むとなんと名前と電話番号を書かされた。

0505

大浴場は地下2階にあり、シャンデリアの下がっている階段を下るかエレベーターで下がる。
広い脱衣場には籠無しで脱衣棚が並び、洗面台と言うよりパウダールームが12人分ある。アメニティーは完備だ。 
05
 
2重の自動ドアを抜け内湯に入ると強いカルキ臭が鼻を刺す。右手に大浴槽、左手に20人分のカランが並ぶ。
大きな岩を組み合わせ、滝のように湯が注いでいるがバリバリの循環湯だ。「保健所の指導により、滝で打たせをしないよう」に掲示がある。泡沫が上がれば一緒だろうが・・・
 
0505

男湯の露天風呂は対岸の山楽から丸見え、くろがね橋からもよく見えそうだ。

女性に力点を置いた施設で、広さも内容も男女の差が大きい。どうやらかつては男湯だった大浴場を女風呂にしてさらに露天にいくつもの面白そうな浴槽を配しているようだ。それはそれでホテルの着眼として面白いが。
一緒に行った連れ合いは至極ご満足で料金以上の価値があるとのことだった。
yuhodo_map
                          鬼怒川観光ホテル(別館)HPより抜粋

それにしても、湯使いは最低。内湯はまるっきりスパ銭だし、加水してないはずの露天風呂もpH9の感触は全く無し。露天浴槽の壁に強烈な吸い込み口が複数あった。
 
風呂だけを目的としては評価しちゃいけないようだ。

<施設名> 鬼怒川観光ホテル(別館)
<所在地> 栃木県塩谷郡藤原町藤原1   <TEL> 0288-77-1101
<源泉名> 鬼怒川・川治温泉観光開発1,2号混合泉
<湧出地> 栃木県塩谷郡藤原町大字滝地内
<泉温>  32℃(気温30℃)   <湧出量> 770リットル/分
<泉質>  アルカリ単純泉     <pH> 9.1
<成分総計> 0.447g/kg      <蒸発残留物> 435.1mg/kg
   カチオン Ca:92.2mg Na:38.8mg K:0.8mg  計 131.9mg
   アニオン SO4:223.8mg Cl:42.2mg CO3:7.6mg HCO3:3.9mg 計279.6mg
   遊離成分 メタ珪酸:33.8mg メタ硼酸:1.7mg ガス分 0
<試験年月日> 平成16年9月8日
<立ち寄り受付時間> 12:00~17:00
<入浴料> 大人 1000円  小人 500円(小学生)

     2005.12.20

|

« 【那須】Hグリーンパール那須 | トップページ | 【宇都宮】ただおみ温泉 »

コメント

いよいよ雪見風呂ですね!
ここは内湯より 露天の方が
手摺使いが良さそうですね!

12時からですか。
その前にここで昼食をとれればいいのになー

投稿: 冬薔薇 | 2005/12/21 07:07

鬼怒川は遠いし(?)何となく町並みが物悲しいので多分行かないとは思うのですが、流れ星さんと一緒に栃木の温泉を巡って知識も豊富な奥様が満足されているなら、女性は一度行く価値があるかもしれませんねー。

投稿: あゆちゃん | 2005/12/21 08:51

相変わらず税金投入の結果がこれですか、まあ鬼怒川としての方向性は間違っていないとは思いますがいつまでこの手法が続くのでしょうか?おおるりあたりとバッティングしていますねー。

花水明は某大手外食チェーンが手がけています。女性スタッフではありませんのよ。(^^

投稿: Take | 2005/12/21 20:15

>冬薔薇さん
内風呂は元のままですが、露天風呂は今回新設した物です。女風呂の手摺りは分かりませんが、期待できるのでは。
昼食は取れますよ。
 
>あゆちゃん
連れ合いは一緒に数は回ってますが知識はどうでしょう。でも先入観無しに肌で感じた感想を口にしています。結構浴後のスベスベ感があったみたいです。ピッケちゃんは女風呂を選ぶでしょうね。
 
>Takeさん
デミオさんのレポ見ると、おおるりの方が湯使い、景色ともいいようです。泊まり賃の差はかなりあるし、バッティングはしないのでは?
資金と用地の有効利用という点では評価出来ます。
「花水明」ってこのホテル内のレストラン?

投稿: 流れ星@番頭 | 2005/12/22 00:28

花水明は女性向けにリニューアルしたフロアです。
TVでもやっていましたがホテルのなかで浮いていますよ。(笑

おおるりと客層が重なっていると思います。
現状で東京から何処行こうと思って果たして鬼怒川に行きたいと思うかしら?

投稿: Take | 2005/12/22 11:28

>Takeさん
ところがですねー、行きたいって思うんですよぉ、鬼怒川。
女性だけで車なしのグループにとっては私鉄沿線で電車賃は安いし、テレビでもやっているし「温泉」だし。
私も過去に一度引っかかり(悪徳商法みたいだな)、当時は今ほど温泉に入る機会も無かったんであんまり良し悪しも分からず。ただ「栃木の温泉ってなんか薄い?」って漠然としたイメージがインプットされて帰ってきました。

投稿: あゆちゃん | 2005/12/22 17:15

>Takeさん
なるほど、HPよく見たら花水明わかりました。最上階のフロアなんですね。1泊16000円でおおるりと重なる?ウーン、ちょっと違うなぁ。
あゆちゃんが書いている「女性だけの車無しグループ」向けでは?それもあゆちゃんくらいの年齢層中心。
確かに東京の人たちは鬼怒川温泉よく来ますね。泉質は問題にしないのでしょう。
のんさんにも鬼怒川の魅力、聞いてみたいものです。

投稿: 流れ星@番頭 | 2005/12/22 21:58

施設がどーのこーのじゃなくて集客ターゲットが子育てが終わってリタイヤしたおばちゃん連中ってこと。(^^
おおるりでも岡部でもどっちでもよく建物が大きくて玄関が豪華ならいいって層よ。夕食にエビ蟹刺身はお約束。

電車なら箱根のほうがまだ魅力がありそうだが・・・。
バスになると草津や伊香保かなあ。
鬼怒川じゃ見るとこ無いし・・・、猿軍団やワールドスクエアってわざわざ行きたいかなあ?

投稿: Take | 2005/12/22 23:47

えっへっへーー。
その時に行ったのはワールドスクエアでしたぁ。それと鬼怒川下りました。だって、行きたかったんだもん。
今じゃ行きませんけどねー。でも東京の女性グループに「鬼怒川で良いトコ知りませんか?」って質問って意外と良く受けませんか?で、来てみて「イマイチだな」って思って次が無く・・今の状況なんでしょうね。私が行ったのも10年近く前ですから。

投稿: あゆちゃん | 2005/12/23 19:14

>番頭さん
鬼怒川の魅力ですか?
鬼怒川が好きというより、温泉が好きで栃木が好きなので、マスコミに衰退ばかり取り上げられるのが寂しいという感じです。
鬼怒川で数少ない昔からの源泉掛け流しの湯は、本当にやさしく、肌触りが良くて、癒し系のお湯ですよね。(火傷に効くみたいですね) しかし、人が集まるのは、別の場所なので、良い方向に行かないのでしょうかね? どんな場所からでも、そこから、少しずつでも鬼怒川が元気になる事を心より願います。応援する意味でもデミオさんのレポを参考に今度ニューおおるりに行ってみますね


泉質には、好みがありますが、私の場合、温泉にハマった頃は、濁り湯専門でしたが(早乙女に週2通ったりして)、源泉掛け流しを求めて放浪するうちに、単純泉のベールにつつまれている様なやさしさも好きになり、今では気分で、泉質を選んで楽しんでいます。最近は、源泉を投入している一部循でも、泉質堪能できそうなところは、お試しする様になりました。(塩素臭だけは、頭が痛くなってしまいます)
連休も、岳でピーリングして、那須山楽で仕上げてきました"^_^"山楽は、さすがにあちこちにお湯を分けているだけあって、大きめの浴槽、露天でも、フレッシュで、泉質を堪能出来て、大満足でした。
鬼怒川のレポをのお言葉、光栄ですが、私も、番頭さんの奥様に近くて(先入観無しに肌で感じた感想を口にしています。)、温泉がただただ好きですが…レポは無理です。ごめんなさいm(__)m



投稿: のん | 2005/12/25 21:19

>Takeさん
くどいけど、おおるりは建物はおっきいけど、玄関はちっとも豪華じゃないし、部屋も全部ワンパターン。あくまでも老人会ご一行様がターゲットでそこに徹している所が大したもんだと思うんです。一方岡部系は卒業後ウン十年目に仲良しが集まろうという、特に女性客を狙っているんじゃないかな。
あゆちゃんが書いている通り、東京のOLや奥様達には行きやすくて「本物」の温泉と思われて、泊まった後に少し遊べる所があればいいんでしょうね。やはり問題はリピートして貰える努力でしょうね。
 
>のんさん
お呼び立てしたらちゃんとお答え頂き感謝します。
温泉は能書きより、5感で感じ取るのが本当でしょうからのんさんは温泉の本質を楽しんでいるんでしょうね。
それにしても那須の山楽に泊まられましたか。羨ましい限りです。でも那須に行ってあのお湯だけじゃ少しご不満はありませんか?

投稿: 流れ星@番頭 | 2005/12/26 00:07

泉質は、好みがありますよね。
番頭さんは、パンチのある温泉が好きなのでしょうかね?
前回に書いた様に私は段々にやさしいお湯も好きになりました。
もちろん温泉めぐりをはじめた頃、毎週の様に通った鹿のお湯も大好きで、今でも休憩も利用してよく行きますよ。
今回は、岳にたくさん入って来たので、迷ったのですが、山楽源泉に早く入りたいねと言う事になり、パスしました。
山楽では、一回目より二回目、二回目より三回目と、肌に浸透する様に、すべすべになるのが分かりました。連れ合いも仕事が忙しかったので、出掛ける時どうしたの?と言う位ガサガサだった手が、岳~山楽コースで見て分かる位改善されましたよ。お値段がお値段だったので、当たり前っていったら当たり前なのですが、お料理も美味しかったです。(安くなるサイトで、とりましたが)
それより大きいのは、心の疲労回復みたいですけどね。

投稿: のん | 2005/12/26 11:49

>のんさん
詳しいお話、ありがとうございます。
温泉巡りは、「アル単に始まり、アル単に行き着く」そうですよ。つるスベの柔らかいお湯は本当にくつろげますね。(山楽源泉はちょっと違いますが・・)
 
今日も湯楽の里栃木でゆたっりしてきました。
岳温泉については、源泉のくろがね小屋で入り感激した(湯めぐりの出発点かも)せいもあり、あの加水状況はがっかりなんですけどね。でも山の上から引き湯して、多くの旅館が大事に使っている様子は納得ではあります。いずれにしても、温泉の最大の効能は「心の疲労回復」だということに大賛成です。

投稿: 流れ星@番頭 | 2005/12/26 22:03

のんさんが以前言及されていた
鬼怒川の「千春」に行きました。
小さな民宿に、湯小屋に源泉かけ流しの湯舟
鬼怒川にこんな高温泉があるとは少々驚きました。
行く機会を与えてくれたのんさんと
サイト運営の流れ星さんに感謝です
--------------------------------
鬼怒川温泉駅前にあるコンビニレインボーに
湯歩道の優待券置いてあります(500円になる)
スキー場にも置いてあった。
流れ星さんが言及されているように
男女の差が激しいので、女性にお勧めかなぁ

投稿: デミオ | 2006/01/29 02:06

お久しぶりです。

>デミオさん
 鬼怒川温泉の源泉掛け流しを探して千春を知りましたが、気に入って頂けてうれしいです。
 自分が好きな温泉を共に心地よく味わっていただけると、本当にうれしいものですね。

 のんも、こちらで教えていただいた喜美の森のお得なバイキングプランと、穴場のベルビューに行ってきましたよ。
 喜美の森のバイキングは、激安なのにサービスも良く、揚げたて天婦羅、ローストビーフ、タイカレー等、値段を考える とお得の一言ですし、本命の温泉も、ゴルフ場の温泉でも、 なかなかやるなーと言う感じですよね。

 ベルビューも、いい匂いのしょっぱい温泉にびっくりでした。上で食事もしちゃいました。高め?ですが、こちらも、熱々サクサク天婦羅が美味しかったですよ。
 今度、お得な昼の食事付プランに行ってみたいと思います。
 デミオさん、番頭さん、ありがとうございますm(__)m

投稿: のん | 2006/01/29 10:40

>デミオさん
千春は大発見ですね。このところのデミオさんの温泉探求には頭が下がります。のんさんご紹介の千春にも是非行ってみないといけませんね。

>のんさん
喜美の森、レストランもお風呂も期待以上だったでしょう?
あんなサービス見逃しちゃ大損ですね。
ベルビューホテルはネットでも殆ど紹介されていませんが、洒落たホテルに湯使いのいい高張泉ですから五つ星です。
あそこのレストランにはまだ寄っていませんが・・・

投稿: 流れ星@番頭 | 2006/01/29 18:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46043/7741611

この記事へのトラックバック一覧です: 【鬼怒川】湯歩道:

« 【那須】Hグリーンパール那須 | トップページ | 【宇都宮】ただおみ温泉 »