« 【宇都宮】ただおみ温泉 | トップページ | 【上塩原】こたき館 »

2006/01/08

【川治】蘭綾

元湯川治温泉 蘭綾
060104_006

2006年栃木の温泉第1湯は、デミオさんから川治温泉で一番湯の状態がいいと報告のあった蘭綾だ。
東京や神奈川で雪がちらついたとのことだが、栃木の平野部では全くこの冬は雪を見ていない。従って新年の雪見も目的だった。
例年とは少し違い、今市市内も雪は見えず、鬼怒川温泉に近づいてやっと白く見えてくる。しかし、鬼怒川温泉を抜けると一転様変わりだ。路面は白くなり周囲の山も真っ白だ。川治温泉街に入ると幹線道路は除雪されているものの路地はやっと1台分しか確保してない。ホテルの入口は坂が多いから滑り止めは必要だ。
蘭綾の駐車場はきれいに除雪してあったが、昨晩は30cm積もったそうで、午後になってやっと片付いたところだ。その除雪していたホテルマンが日帰りでも親切に案内してくれる。
フロントで日帰り料金を支払い、階段を下りていくと貸切風呂「常楽」と大浴場「蘭陵」が待ちかまえるが、この時間、蘭陵は女湯で、男湯は1階の「翠彩」だから、階段を上がり直す。
060104_015060104_016
 
やっと男湯にたどり着き、すのこが敷かれた通路でどこで靴を脱ぐか迷ったが、先にスリッパが脱いであったので進み、暖簾をくぐると脱衣所だ。しゃれた洋風の脱衣場で洗面台も鏡が多く、アメニティーも完備だ。
060104_019いくつかの掲示のうち、川治の歴史や温泉の説明が書かれ、目を引かれたのは川治温泉は全て自噴であり、総湧出量は3400リットル/分あるというものだ。しかも宿泊客1人あたり1リットル以上がいい温泉の条件というのは実に面白い。
 
060104_027060104_025
 
真冬は湯気がひどく、写真にならない。内湯は大理石張りでローマ風と言えなくもないが、あまり風情はない。サウナの入口は極狭いが、ドアを開けてみると7人は入れる広さだった。
ガラス扉を開けて露天風呂に出る。
 
060104_037

060104_041060104_044

屋根があり、目隠しがいささか鬱陶しいが、露天風呂のさわやかさはある。内湯は青みがかって見えるが露天風呂は緑がかって見える。湯は弱アルカリの単純泉で、実にさらっとして無味無臭だ。これこそが川治の湯なんだろう。
1999年まで「川治温泉ホテル」から蘭綾に改称されたが、その名が書かれた昭和61年の分析表が掲げられていたが、最新版の分析表は見あたらなかった。しかし珍しくラドン量(12.27マイクロマイクロキューリー)まで調べられていた。
また現在のホテル名「蘭綾」のいわれは、中国南北朝時代の蘭陵王から取ったとのことで、大浴場にも「蘭陵」と
名付けている。しかし、綾と陵の字を違えてある所以を聞き忘れた。

<施設名> 元湯 川治温泉 蘭綾
<所在地> 栃木県塩谷郡藤原町川治11   <TEL> 0288-78-0011
<源泉名> 温泉ホテル No.2源泉
<湧出地> 栃木県塩谷郡藤原町川治2
<泉質> 弱アルカリ単純泉         <pH> 7.8
<成分総計> 0.349g/kg          <蒸発残留物> 319mg/kg

<立ち寄り時間> 13:00~16:00
<入浴料金>  大人 1000円

     2006.01.04

|

« 【宇都宮】ただおみ温泉 | トップページ | 【上塩原】こたき館 »

コメント

「蘭陵王」でしたか。。
仁王尊の入浴客が鬼怒川はもう掘るの制限されてるけど
どこそこのホテルが掘りまくって、
影響が出たようなこと言ってましたが、
鬼怒川温泉と川治温泉は同じようなものかと思ってましたが
川治は自噴なのも見直しました。

投稿: デミオ | 2006/01/09 00:34

湯気は画像加工ソフトである程度除去できますよ。

コロッケ屋は寄らなかったのですね。(^^

投稿: Take | 2006/01/09 01:29

冬の時期はカメラに湯気大敵。
フラッシュ焚くと、湯気に光が当たって湯気、湯気で、
フラッシュ焚かないで撮ってます。
デジカメ古いので300万画素なんで、
フラッシュ焚かないと湯気がよく写らなくて好都合
湯舟の中に落としてもリカバリーしたすぐれものです。
--------------------
坂文の一番シンプルなコロッケは50円なのに
宿でつまみで出している坂文のコロッケのお値段は
ものすごく高騰してます。
自分的には与一温泉近くの和気精肉店の味のほうが好み。

投稿: デミオ | 2006/01/09 02:33

>デミオさん
自噴というか、自然湧出なんでしょうね。
それも洪水の後にそうなったっていうのも興味深いですね。

>Takeさん
湯気はガンマ値の修正でしょうか?
いろいろやってみないとね。
坂文も、和気精肉店も未食です。気にはしているんですけどね。

投稿: 流れ星@番頭 | 2006/01/09 10:25

気になっていた登隆館に行きましたが
たとえるなら、「蘭綾」は、仮面の下の上品な顔の温泉
「登隆館」は、仮面そのものの荒々しい温泉でした。
湯量豊富で、オーバーフロー部分に桶を泳がせてみたかった。
たぶん排湯口のまわりをぐるぐる回転しながら踊ることと思います。
桶を踊らせれば西川温泉の比ではないと思います。

投稿: デミオ | 2006/01/21 23:58

>デミオさん
登隆館は7年前に町のハイキング(竜王峡)の帰りに寄りました。確かにきれいな宿ではないし、中は迷路だけど風呂はいいですね、と言っても、オーバーフローがどうだったか覚えていなくてね。

投稿: 流れ星@番頭 | 2006/01/22 18:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46043/8065156

この記事へのトラックバック一覧です: 【川治】蘭綾:

« 【宇都宮】ただおみ温泉 | トップページ | 【上塩原】こたき館 »