« 那須温泉入浴手形 | トップページ | ココログ変だ »

2006/03/28

【那須】旅館美山

旅館 美山
060326_083

旅館 美山は一軒茶屋から2kmほどハイランドパーク方向に行った右手にある。デミオさん共々惚れ込んだ新那須温泉供給の白濁硫黄泉を引いている。
立ち寄り入浴を電話でお願いしてみると、「泊まりのお客さんの邪魔にならなければ」という条件で午後4時にどうぞとのことだった。何故4時?と思ったが、行って話してみて納得。毎日昼前に湯を抜いて掃除し、真湯で薄めたりせず源泉だけで湯舟を満たすため、午後4時になってしまうのだ。
宿の玄関を入ると、きれいに掃除が行き届き飾り付けもセンスがいい。広くはないがソファーのあるロビーの右奥が浴室だ。
060326_087大小2つあり、通常は大きい方が男湯、小さい方が女湯だが、お客により柔軟に使っているようだ。貸切も可能とのことだ。
4時前に行ったため、小さい方の浴室しかまだ湯が一杯になっていなかったが、大きい浴室にも無理に入れて貰った。
小浴室の湯舟は1.5㎡弱で2人で満員、カランは一つだ。(写真下)
060326_090

大きい浴室はこざっぱりした脱衣場に脱衣棚と洗面台が2人分。引き戸を開けると、湯舟の縁から10cm以上下で、溢れるのは4時半すぎだった。
060326_093060326_109
 
湯は期待通りの甘い香りがする白濁硫黄泉だ。分析表だと硫化水素ガスが大量なので換気を確認した。
デミオさんのマネをして湯口から落ちる源泉と浴槽内の湯を汲んで比較してみた。

060326_102060326_103

上の写真左が湯口から落ちる源泉を桶に受けたもの、右が浴槽からすくってみた湯だ。源泉は透明で、滞留して白濁するのが一目瞭然だ。2~3時間で白い湯の花が析出するスピードにあらためて驚いた。

浴室の窓からは残念ながら目隠しの塀しか見えない。小さな庭に涼み台が据えられていた。その向こうで温泉犬の吠える声が聞こえ、出てから写真を写そうと思ったが、「お客に吠えると印象が悪いから」という理由で自宅に連れ帰った後だった。

湯に浸かりきりで1時間過ごした。湯を貯める間は59℃に加温された湯でも浴槽内は38℃と非常にぬるい。オーバーフローしてからは次第に上昇していったが。これも楽しかった。
 
060326_094060326_097

miyama
浴室の入口に新那須温泉供給の「温泉はどこから来るのでしょう」といういつもの地図が掲示してあった。美山がこの湯の末端だ。それだけに湯温の低下も大きく、湯を管理する宿は大変だ。
 

 
<施設名> 旅館 美山
<所在地> 栃木県那須郡那須町湯本213   <TEL> 0287-76-3838
<源泉名> 稲川1~4号 苦土稲川1~2号、県電気局B-3、八幡崎1号混合
        泉(新那須温泉供給(株))
<湧出地> 栃木県那須郡那須町湯本地先苦土川筋他
<泉質>  単純硫黄泉・硫化水素型(中性低張性高温泉)  <pH> 6.0
<成分総計> 1.205g/kg(このうちガス分358.2mg)  <蒸発残留物>785.3mg
  カチオン Ca:120.3mg 60.49mv% Na:41.5,18.2 Mg:21.3,18.17 K:11.5,2.97
      Fe2:0.2  計 195.7mg
  アニオン SO4:320.3mg,67.76mv% HCO3:145.2,24.19 Cl:16.7,4.79 
     HS:10.1,3.11   計 493.4mg
  遊離成分 メタ珪酸:157.4mg  ガス分 CO2:243.6mg H2S:114.6mg
<泉温> 54.4℃     <湧出量> 545リットル/分
<試験年月日> 平成17年4月25日
<立ち寄り時間> 電話確認必須
<入浴料>  大人 500円
<感想> 泊まりたい宿がまた増えてしまった。温泉犬は大型犬らしく、是非会いたい。

     2006.03.26

|

« 那須温泉入浴手形 | トップページ | ココログ変だ »

コメント

日記待ってました!
グリーンパールよりはるかに小さな湯舟でよさそうですね
酸性の鹿の湯源泉とはまた違った、炭酸水素も多めの中性の硫黄泉
日光湯元の中性硫黄泉と近い感じもするけど、
湯元よりまろやかさというか甘みがあるような気がします。
ぜひとも行ってこないと。

投稿: デミオ | 2006/03/28 21:05

ここが新那須温泉供給の末端と書いてしまいましたが、よく地図を見るとサンバレー那須が最下流のようですね。サンバレー山荘はどうなんでしょうか。

投稿: 流れ星@番頭 | 2006/03/30 23:21

栃木支部長殿、会長だー(^^;

温泉犬に気付くのが遅れましてすいません。m(_ _)m
会長として不覚でした。こんな不祥事続いたら首になりますね。(^^;;

よさげな場所ですね。道東で白濁(色が変化する)したお湯なら確か北海道足寄町の雌阿寒温泉「景福」だった気がします。
ここも楽しいですよ。

最近は温泉犬が中々見つからず悲しんでおります。(T_T)
コテージ中心に探そうと思ったりします。
ではでは。

投稿: 恐怖の会長 | 2006/03/31 08:24

旅館美山、行ってみたいです。
同じ源泉を引いていても、浴感が違ったりするので…

サンバレー山荘は、唯一サンバレーで気になるお宿ですが、サンバレー源泉だと、勝手に決め付けていました。
新那須温泉供給かも? 気になりますね。
露天も出来たらしいし、気になる、気になる。

それから、トキメック那須リゾートも、最近知って、リーズナブルだし、新那須か?気になっています。
http://www4.nasuinfo.or.jp/~tnr/frame.htm

投稿: のん | 2006/03/31 10:29

>寅会長
そうなんですよ、最近はなかなか温泉犬に巡り会いません。御同様ですね。ここの温泉犬は大きくて立派らしいので必ず写真撮ってきますね。

>のんさん
サンバレーは源泉持っているのにローリー運搬ですからね。行く気が起こりません。
トキメックは電話したら「今は立ち寄りはお断りしています。是非お泊まりください」との返事でした。

投稿: 流れ星@番頭 | 2006/03/31 12:29

サンバレー山荘は、やっぱりローリー運搬で掛け流してるのですね。
日道みたいですね
引いているのかな?と思いましたし、上のコメントをみて、ん?新那須?と期待しちゃいました。

トキメックの問い合わせ、ありがとうございました。

投稿: のん | 2006/03/31 16:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46043/9292881

この記事へのトラックバック一覧です: 【那須】旅館美山:

« 那須温泉入浴手形 | トップページ | ココログ変だ »