« 【有馬】竹取亭別亭康貴 | トップページ | 【兵庫】シルク温泉 »

2006/04/27

【愛知】とうえい温泉

とうえい温泉
Aichi_061

今、愛知では評判高い奥三河の東栄町公営施設のとうえい温泉に行って来た。豊橋から長篠の古戦場を抜け2時間は走らなければならない。、
Aichi_099
東栄町に着いたはいいが、肝心な三叉路に案内が見えず、信号を右折せず直進してしまった。ご注意を。
 
Photo4_01町を貫き流れる大千瀬川の、ほぼ中央にかかる幅100m落差10mの蔦の淵が温泉施設のすぐ横にある。規模はともかくイメージが似ているところから「奥三河のナイアガラ」の異名があるそうだ。
 
 

Aichi_060駐車場の隅には温泉スタンドがあり、200リットル100円で売っている。このスタンドに掲示してある温泉分析表は施設内のものより詳細で、管理者の熱意が伝わってくる気がした。
玄関を抜けると右側のコインバック式シューズロッカーに靴をしまい、入浴券を自動販売機で購入しフロントに出すと、その鍵と交換に脱衣場のロッカーの腕輪式の鍵を渡される。
館内は「交流棟」、「温浴棟」、「介護予防センター」が繋がっていて、交流棟では土産品の販売所や食堂があり、いかにも公営施設らしい介護予防センターには介護浴槽等もある。
Aichi_073

ここの言葉遣いで変わっているのは、「白湯」は沸かした水道水ではなく、循環濾過、更に鉄分とマンガンを除去した温泉水であることだ。一方、「源泉」と書いた湯が循環濾過していない源泉そのもので、野天風呂の湯口からと打たせから流されている。
内湯はすべてその白湯で、野天でも壺風呂や歩行浴槽もそうだ。

Aichi_084Aichi_080
 
上の写真左は野天風呂の大浴槽で、四阿のある岩風呂だ。この湯口は源泉の表示があり、口に含むと微塩味と微かなモール臭を感じたが、無色透明で少々疑問を感じたが、あとで疑いは氷解した。

Aichi_077Aichi_078Aichi_091Aichi_088
 
風呂から上がり、ここが人間の体内のpHにごく近いことを謳い物にした「療養泉」と称しているにもかかわらず、脱衣場の掲示にpHが書いてなかったから(愛知県は表示を指導していないようだ)そのことをフロントに文句言ったら、詳しい成分表を渡され、しかもマネージャーを呼び出してくれていろいろ話が聞けた。
Aichi_094源泉の成分や県の姿勢、湯遣いの真偽にまで話が及んだ結果、地下にある管理室の源泉タンクを見せてくれることになった。
こちらが源泉槽で、明らかに濁りがあり、全く塩素臭もなく、愛知では源泉槽の塩素消毒は義務付けられていないことも分かった。

Aichi_093こちらは循環・濾過した「白湯」槽で、塩素臭があったが、残留塩素はギリギリ(0.4g/kg)に抑えているそうで、そこまで配慮している管理サイドの姿勢に感心せざるを得なかった。
 
Aichi_097Aichi_105サブマネージャーが汲んでくれてペットボトルに入れた源泉だ。タンクでは濁りが見えたが、ペットボトルでは透明に見える。
然し15時間経過後の翌朝、見事に薄茶の濁りが確認出来た。除鉄していない事がよく分かる。
タンクを見せてくれたこともblogに書いていいと自信も見せてくれたが、ともかくいい状態に温泉を管理する熱意が感じられ、爽快な浴後感が倍増し、帰途についた。

 
<施設名> とうえい温泉
<所在地> 愛知県北設楽郡東栄町大字下田字花田21  
<TEL> 0536-77-0268
<入浴施設> 男女別内湯(サウナ、腰掛け湯、替わり湯あり)
         野天風呂(寝湯、樽風呂、打たせあり)
<源泉名> とうえい温泉
<湧出地> 愛知県北設楽郡東栄町大字下田字大田28
<泉質> Na・Caー塩化物泉(低張性中性低温泉)
<pH> 7.4   <泉温> 32.2℃   <湧出量> 430リットル/分
<密度> 1.0049
<成分総計> 6.877g/kg     <蒸発残留物> 7.109g/kg
    カチオン Na:1630mg K:16.7mg Ca:856mg Mg:26.9mg Sr:27.9mg Fe:3.5mg
          計2564mg
    アニオン Cl:4150mg HCO3:55.8mg Br:8.7mg 計4217mg
    遊離成分 メタ珪酸:31.8mg メタ硼酸:54.4mg  ガス分 CO2:10.4mg
<知覚的試験> 湧出地:無色・澄明、殆ど無臭、塩味、微苦味
           試験室:黄色、混濁
<分析年月日> 平成15年11月7日

<営業時間> 10:00~21:00 受付20:00終了 毎週水曜定休
<入浴料>  大人 500円  小人 300円(3才~小学生)

     2006.04.14

|

« 【有馬】竹取亭別亭康貴 | トップページ | 【兵庫】シルク温泉 »

コメント

栃木支部長殿、再び会長だー(^^;)

あの愛知の温泉に行きましたね。
豊橋に居た時はとうとう行けずに終ってしまいました。
意外な面(源泉そのままの野天風呂)も有るのですね。

全国温泉犬布教の旅(温泉巡り)、今後とも楽しみにしております。(笑)

ではでは

投稿: 戦慄の会長 | 2006/04/28 20:15

>寅会長殿
今回の旅では愛知で6カ所入ってきました。感動したのはやはりごんぎつねの湯再訪でした。会長は愛知長かった割りには地元を回りませんでしたね。確かに魅力は今ひとつかも知れませんが・・・

温泉犬布教の旅はこのGWに頑張りますのでお許しをm(_ _)m

投稿: 流れ星@番頭 | 2006/04/29 00:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46043/9790782

この記事へのトラックバック一覧です: 【愛知】とうえい温泉:

« 【有馬】竹取亭別亭康貴 | トップページ | 【兵庫】シルク温泉 »