« 【烏山】やまびこの湯休業 | トップページ | 【那須】自然村 »

2006/04/03

【那須】休暇村那須

休暇村 那須
060402_040060402_011
 
昨年暮れから休業し改装していた休暇村那須が2006年3月27日リニューアルオープンした。
これまで内湯のみだったせいもあり、一度も入ってなかったが、今回露天風呂も作ったとのことでその確認に栃木の仲間と行ってきた。
場所は大丸駐車場手前、弁天温泉入口の向かい側だ。4月だというのに宿の周囲はまだ白く雪が積もっている。除雪機も稼働していた。さすが標高1230mだけのことはある(女性スタッフが即答した)。 
まずは昼食ということで館内のレストランへ。HPにバイキングと書いてあったが、それは夕食で、昼食は定食のみだ。サイコロステーキ定食¥1,365、天ぷらそば¥840等とある。少々待たされたし分量も少なめだ。
浴室へ移動する。一旦2階に上がってから、階段を下り、長い廊下を進み男女別内湯の入口だ。脱衣場の棚は鍵付きロッカーだがコイン不要だ。明るくスッキリした作りだ。内湯は湯舟が大小二つあり、42℃と43℃になっている。「温泉の管理について」という掲示には、
 入浴に適した温度にするために加水、
 衛生管理のため循環濾過、
 塩素系薬剤使用
とあったが、塩素臭は殆ど感じられなかった。
060402_024
 
内湯から扉を開けて露天風呂に出る。石張りの床は床暖房してあり暖かい。四角い浴槽は少々趣には欠けるが眺めだけは抜群だ。こちらは45℃で熱めだ。
060402_027

カランの湯を含め、成分表通り硬度が高く、石鹸の泡立ちが悪く、温泉らしい気がした。
内湯、露天風呂とも手摺り完備、通路もすべてスロープ、手摺りが取り付けてありバリアフリーは申し分ない。
 
<施設名> 休暇村那須
<所在地> 栃木県那須郡那須町湯本   <TEL> 0287-76-2467
<源泉名> 相の湯、中の湯混合泉
<湧出地> 栃木県那須郡那須町大字湯本字大丸
<泉質>  弱アルカリ性単純泉     <pH> 8.4
<泉温>  60.1℃         <湧出量> 322.5リットル/分
<成分総計> 0.852g/kg    <蒸発残留物> 739.3mg/kg
     カチオン Na:59.6mg,31.86mval% Ca:65.8,40.36 Mg:20.8,21.07 計167mg
     アニオン SO4:254.2,64.15 HCO3:147.3,29.25 CO3:11.6 CL:5.4 計418.6mg
     遊離成分 H2SiO3:260.2mg HBO2:4.5mg  ガス分 CO2:1.2mg
<分析年月日> 平成13年5月10日
<立ち寄り時間> 12:00~15:00
<入浴料> 大人 735円  小人(3才~小学生) 420円

     2006.04.02

|

« 【烏山】やまびこの湯休業 | トップページ | 【那須】自然村 »

コメント

夏休み前の静かな時期を狙い7月17日から3泊の日程で利用させていただきました。
といっても、キャンプが2泊、コテージ1泊というアウトドアライクな旅行でした。
あいにくの天気でしたが、休暇村のもてなしぶりに十分満足いたしました。温泉も含め施設が大変きれいに管理されていました。
ただ一つ気になるのは、雨続きの時期だけに仕方が無いのかもしれませんが、コテージの布団が黴臭かったのが残念でした。
また行きたい温泉の一つになりました。

投稿: らんアンドコタロー | 2007/07/20 20:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46043/9405356

この記事へのトラックバック一覧です: 【那須】休暇村那須:

» 春の足音 [ひのきの森:blog]
3月下旬、熱海・小田原・群馬に出張。その目的は新商品の案内と販売促進。熱海の温泉 [続きを読む]

受信: 2006/04/04 14:08

« 【烏山】やまびこの湯休業 | トップページ | 【那須】自然村 »