« 【福島】大塩露天風呂 | トップページ | 【日光湯元】白根荘 »

2006/05/12

【福島】大塩温泉共同浴場

大塩温泉 共同浴場
060502_077_1

季節限定露天風呂をさっと切り上げ(1時間半入浴)身体をもう少し温めようと共同浴場へ。

060502_068_1060502_073

引き戸の左側を苦労して開け、「やはり雪が深いから建て付けも悪くなる」と知った顔をして語っていたら、地元の人が右側を軽く開け大恥。
片田舎の共同浴場にしては休憩場も広く、きれいな水洗トイレもありました。
060502_091_1浴室への案内に従い下りの階段を見ると、距離もありトンネル風。こういう眺めはいろいろな温泉で見ていますが、どこも名湯です。

男女別の内湯へは脱衣場の棚に服を入れて進みます。8㎡ほどの浴槽の向こうに窓があり、只見川が流れています。その窓と川の間には一旦排出された湯を溜める枠がありますが何故なんだか・・・(湯を溜めて入ったツワモノがいる?)
湯は加温された42℃で浴槽に注ぎ、浴槽内41℃でした。長湯に最適な温度で、女房はこちらだけで大満足のようでした。 カランは壁に一つだけで、水のみです。
湯を口に含むと塩味と苦味ですが、露天風呂よりかなり薄い気がしました。Takeさんの話では以前はもっと濃かったようなので分析表より下がっているかも知れませんが、十分に高張泉を感じます。鉄の析出も露天風呂ほどではなく、それはそれで入りやすい湯だと思います。地元の人たちが絶え間なく来て、地元に溶け込んでいる「ふだん着の湯」だと感じられました。

060502_106_1


玄関入った柱に料金箱が取り付けてあり、200円以上とありましたから、気持ち込みで300円入れましたが、申し訳ないような気持ちです。

<施設名> 大塩温泉 共同浴場
<所在地> 福島県大沼郡金山町大字大塩字休場3103-1
<TEL>  0241-54-2311
<源泉名> 大塩温泉 第四源泉
<湧出地> 福島県大沼郡金山町大字大塩字休場3103-1
<泉質> 含二酸化炭素・重曹・食塩泉 (中性等張性高温泉)
<pH>  6.5    <泉温> 38℃(源泉) 40℃(浴槽)
<成分総計> 12.502g/kg   <溶存物質> 9.646g/kg 
    カチオン Na:2786mg K:184.9mg Mg:102.6mg Ca:224.8mg Mn:0.4mg
          Fe2+:8.5mg Li:2.1mg Sr:0.6mg   合計 3309mg
    アニオン Cl:3293mg SO4:1102mg HCO3:1805mg  合計 6208mg
    遊離成分 H2SiO3:113.4mg HBO2:14.9mg  ガス分 CO2:2856mg
<入浴時間> 4~10月 7:30~21:30 ※加熱時間12:00~21:30
         11~3月 8:30~20:30 ※加熱時間12:00~20:30
<協力金> 200円以上

     2006.05.02

|

« 【福島】大塩露天風呂 | トップページ | 【日光湯元】白根荘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46043/10028470

この記事へのトラックバック一覧です: 【福島】大塩温泉共同浴場:

« 【福島】大塩露天風呂 | トップページ | 【日光湯元】白根荘 »