« 説明無し | トップページ | 【板室】ゆめぐり »

2006/06/02

【那須】萌芽の湯

060527_076

昨年9月「華乃湯」としてオープンし、同名の施設がいくつかあるためか昨年暮れに改名しリニューアルオープンした萌芽の湯一郷一会温泉に入る会の皆さんを案内してしてきた。そこであらためて泉質も含め湯めぐり日記で紹介する。

060326_016060326_015

場所は道の駅那須友愛の森の真裏、那須高原教会の隣だ。
2006年3月に行った時は男湯の内湯が工事中だったが、既に完成し、↑の写真の通り、出来てみれば十分な広さもありカラン3つで、以前のシャワーブースとは大違いだ。

温泉の権威の指摘でメタホウ酸分の驚異的な含有量に驚いた。あのヌルヌル感はそのせいだったのか!
ただ、昨年の湯井掘り足しで湯温が2℃上がったそうだが、成分も若干薄くなった感じもある。それでもほどよくササ濁った薄緑の湯は那須には珍しい泉質、感触で寄る価値のある場所だ。

最初は正直言って「これで有料?」という印象だったが、日々進化しており、現在は露天風呂も滑るような状態ではなく立派に個性的な施設だ。
ただ、湯替えだけは毎日きちんとやって欲しいとオフ会メンバーから要望があった。
20050915_014060326_006_1Roten


<施設名> 萌芽の湯
<所在地> 栃木県那須郡那須町大字高久乙586ー10
<TEL> 0287-78-3480
<源泉名> 華乃湯源泉
<湧出地> 栃木県那須郡那須町大字高久乙字道上586番1032
<泉質>  ボウ硝・食塩泉(弱アルカリ性低張性高温泉)  <pH> 8.4
<成分総計> 3.241g/kg    <蒸発残留物> 2947mg/kg
   カチオン Na:994.8mg K:8.9mg Ca:8.3mg Fe:0.6mg 計 1012.9mg
   アニオン Cl:787.9mg SO4:720.2mg HCO3:251.3mg CO3:32.2mg 計 1810.8mg
   遊離成分 メタ珪酸:72.7mg メタホウ酸:342.7mg  CO2:1.7mg
<営業時間> 12:30~21:00  毎週水曜定休
<入浴料>  大人 500円  小人 200円

|

« 説明無し | トップページ | 【板室】ゆめぐり »

コメント

 「萌芽の湯」ホント良くなりましたね。

女性の内湯もきれいになったのでしょうか?
洗い場がなかったので、あれ以来いっていません。

そして、オジサンなどが入ってこれないようになったのでしょうかね。

投稿: 湯う子 | 2006/06/02 15:23

華乃湯を教えて下さったのは湯う子さんでしたね。感謝です。
あれから休み中も含め5回ほど寄ってます。行くたびに改善している感じで随分、日帰り温泉らしくなりました。

家族風呂が女性専用内湯になりましたから、間違ってオジサンが入ってくることはなくなりました。女風呂の洗い場の様子はよく分かりません(^^;)
露天風呂は結構オープンみたいですね。
いちど様子を見に行って下さい。是非そのレポをお願いします。

投稿: 流れ星@番頭 | 2006/06/02 18:48

湯う子さん、こんばんは(^^)
温泉好きの大野あやと申します。

先日、流れ星さんに案内してもらい萌芽の湯に初めて行ってきました。
女性浴場の件ですが、内湯は大きな石風呂にかけ湯槽(これも石)があり、洗い場は1ヶ所カラン&シャワーがありました。備品なし。
この蛇口の湯は鉄分が多いのか、床が赤茶色に染まっていました。
トイレ室にドライヤーもあり、先日訪れた限りでは不自由さを感じませんでした。

以前の様子を知らなかったので、お話を聞いて逆に参考になりました。
今後も萌芽の湯は進化していくのでしょうか? それもまた楽しみです。
ここの湯は気に入ったので、近くに行ったらまた寄りたいと思ってます。

投稿: 大野あや | 2006/06/04 20:11

那須の道の駅に
萌芽の湯の割引券(500円→400円)がありました。
萌芽の湯は道の駅からすぐ近くです。

投稿: デミオ | 2006/11/11 22:59

大野あやさんに気に入っていただけた位なんだから、皆さんに寄って貰いたいものです。

この割引券は持っていくべきですね。

投稿: 流れ星 | 2006/11/12 16:23

流れ星さんの「メタホウ酸:342.7mg」の驚異的含有量に刺激され、再認識しに行く。
営業時間が21時までが20時までに変更となっているので
余裕を見て行く。

オープン当初は、木の浴槽が危ないぐらいよく滑って、
社長は「湯舟はステンレスが一番!」(はぁ~)とのことで
近々ステンレスにするとのことでした。
しかし、小石敷き詰めた風の浴槽になっており、良かったなぁ。
回数券利用の方に、ステンレスのことを聞くと
「ステンレスに変えて、家の風呂みたいだと苦情続出でこのようになった」とのことで、社長の嗜好より客の嗜好が勝ったようです。

「今日は珍しく湯底が見える透明な湯で、普段は笹濁りで極めて珍しい」とのこと。
【メタホウ酸:342.7mg】を意識すると、pH値にしてはぬるすべ。
お味や臭いは、カランの鉄味と対照的に、なんとたとえて良いのやら眼科医のにおい?

駐車場に以前はなかった源泉と瓶がありました。
そこには源泉温度62度と表記。
分析書が55.4度なので、今現在の源泉の実力は不明。
ぬるすべ感はオープン当初より減ってるような、濃さも減じてるような気がします。

シャワールームだったところに男性用内湯ができていますが
シャンプーやソープは無し。
シャワールームの時は備品備わっていたので、今回持っていかなかったのは失敗。
洗い場のカランからの湯は鉄味。鉱泉かぁ?こちらのほうも気になった。

よく来る方が
「ここは温度センサーなくて、手加減で湯温調整してるから
内湯は45度あって熱くて入れない時もあるし、この前なんか35度しかなくて
ぬるすぎるってもんじゃなかったよ。」とのことです。

営業時間 10:30-20:00(従業員の方が帰るのが20時)

投稿: デミオ | 2006/12/08 20:12

本文にも書きましたが、去年の掘り直しで湯温が上がり、成分は薄くなったようですね。といっても十分な迫力のある温泉です。
営業時間、書き直さないと。

投稿: 流れ星 | 2006/12/09 08:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46043/10361109

この記事へのトラックバック一覧です: 【那須】萌芽の湯:

« 説明無し | トップページ | 【板室】ゆめぐり »