« 【日光湯元】実之屋 | トップページ | 【板室】ホテル板室 »

2006/07/19

【塩原元湯】元泉館

秘湯の宿 元泉館
060717_001060717_034

塩原元湯温泉の3館はどこも個性のある自家源泉の湯に入れ、山あいのロケーションはそれを引き立ててやまないのだが、宿のスタッフの対応に問題があるということでこれまで元泉館を貶していた。今回板室温泉に泊まった時に貰ったホッピングチケットを利用し無料で訪れたが、フロントで女将さんが応対してくれ、こちらが恐縮するほどの姿勢に感心するとともに、これまでの評価が一気に逆転した。女将さんは写真にある通りの上品で優しい方なので間違えないで欲しい。
元泉館の日帰り入浴は川沿いに建てられた高尾の湯大浴場に入る。この宿には他に宝の湯と邯鄲の湯という魅力的な内湯が館内にあるが、それらは宿泊客専用で、お泊まりした時のお楽しみだ。
 
060717_005060717_006060717_033

宿のフロントで日帰り料金を支払ったら一旦外へ出て、伊藤園の自動販売機を目印に大浴場に続く通路へ向かう。硫黄の香りに期待を膨らませて進む廊下は以前単管パイプそのままで興ざめだったが、今は茶色に塗られ感じがいい。大浴場の扉を開けると広いロビーがあり、男女別浴室の暖簾が掛かっている。

060717_014脱衣場も広く、脱衣棚と洗面台は3人分ある。奥はガラス張りで、周囲の景色と露天風呂がよく見える。ただ、ロッカーは無いから、貴重品は持ち込まないようにしたい。

浴室に入ると左手に5つのカランと、右手に20㎡以上あるゆったりした内湯が待ちかまえる。浴室内は甘さを感じる独特の硫黄の香りが満ちている。那須のホテルグリーンパールで嗅いだ時どこかで嗅いだ香りと同じだと思ったが、まさしくここの香りだった。
060717_026060717_028

この日はうすく白濁した緑の湯で、一番高尾の湯らしい湯だった。時には大出館の墨の湯並の黒い色になるらしい。硫黄泉でも中性だから肌にも軟らかでゆっくり浸かれる。内湯は43℃だ。

060717_022
 
露天風呂に出ると木々の緑に包まれ開放的な気分を楽しめる。意外にこちらは狭く、5人ほどで満員だ。瓢箪型の石張りの湯舟は腰湯もしやすく浅い。湯温は41℃とかなりぬるめだ。

次の予定があるので写真だけ写したらすぐ出ようと思っていたが、湯に引き留められつい長居してしまった。
女将さんにご挨拶しようと帰りにまたフロントへ行き、いろいろお話を伺った上、↑の写真まで撮らせていただいた。ありがたい。
この宿も絶対泊まらなくちゃいけないなぁ。

<施設名> 元泉館
<所在地> 栃木県那須塩原市湯本塩原元湯101  <TEL> 0287-32-3155
<源泉名> 高尾の湯
<湧出地> 栃木県那須塩原市湯本塩原元湯101ー6
<泉温>  50.6℃   <湧出量> 72リットル/分(自然湧出)
<pH> 6.5
<泉質> 含硫黄・重曹食塩泉(硫化水素型)
<成分総計> 3.941mg/kg   <蒸発残留物> 2605mg/kg
    カチオン Na:829.3mg K:61.2mg Ca:92.4mg Mg:16.1mg 計 999.4mg
    アニオン Cl:873.6mg SO4:64.3mg HCO3:1039.1mg HS:19.7mg
          計 2019mg
    遊離成分 メタ珪酸:177.5mg メタ硼酸:123.4mg
          ガス分 CO2:551.2mg H2S:70.5mg
<分析年月日> 平成16年3月16日
<入浴料金>  大人 800円  小人 400円
<営業時間>  8:00~20:00(受付18:00終了)

     2006.07.17 再々訪


|

« 【日光湯元】実之屋 | トップページ | 【板室】ホテル板室 »

コメント

女将さんと話ができてよかったですね(拍手)。
元泉館の場合、フロントにいるスタッフによって対応が違います。立ち寄り客には、めんどくさそうに対応する人もいて、それが不評をかこっている原因になっているようです。
しかし、お湯そのものはすばらしく、ぬる湯が好きな私にとっては、ここの露天は好きです。年に4~5回は訪れます。
立ち寄り客の入浴受け入れ時間は14時(午後2時)までになったのですか?いつも夕方、入っていましたが・・・。


投稿: 夢来人 | 2006/07/19 19:23

こんばんは。

のんは、立ち寄りの他に二回泊まっていますが、確かに感じの悪いおばさんがいて、嫌な気持ちになった事があります。
女将さんが良い方と言う事で今度は、和やかにお話したいものです。

高尾の湯もいいですが、のんは、間欠泉の宝の湯と邯鄲の湯の方が更にいい湯だと思います。

邯鄲の湯の岩に、大出館の様な墨湯がにじみ出ていていますよ。

是非、お泊りしてみて下さい。

投稿: のん | 2006/07/19 20:07

お久しぶりです。こんにちは。
私もここへは2回ほど立ち寄りしましたが確かに感じが悪い方がいましたね^^;おかみさんは良い方なのですか☆:。
ここのお湯はほんとに好みで、ファンなので泊まってみたくなりました。☆:。

(温泉メインのブログを作ったので宜しければせひのぞいてやってください。情報量もとても少ないのでお恥ずかしいのですが・・^^;

投稿: るりすずめだい | 2006/07/20 09:17

>夢来人さん
「女将さんですね」と確認して写真を撮らせて貰いました。泉質の知識も深くて濃い話が出来ました。
入浴時間はホッピングチケットに書いてあった時間を書いてしまいました。20:00までが正解でした。ご指摘ありがとうございます。

>のんさん
いつもいつも羨ましいお二人です(^^)
2度も泊まられてますか。
この日はアノ感じ悪いおばさんはお休みだったようです。優しい女将だから、従業員に強い指導しないのかもしれませんね。
少し残念です。

>るりすずめだいさん
ブログお邪魔してみました。これからもいろいろ情報交換お願いしますね。
栃木の硫黄泉がお好きなようで、なんかそれだけで嬉しくなりました。

投稿: 流れ星@番頭 | 2006/07/21 01:08

こんにちは。ご無沙汰しております。昨年の紅葉狩りの時季にこちらの宿へと泊まらせていただきました。東京の人間に取りまして栃木のひとの暖かさや自然のよさに触れた良い機会となりました。泊まらないと入れない浴槽が絶品でしたよ。それで炊いたお粥も朝頂きました。近ければ、毎日でも栃木の湯に浸かっていたいです。

投稿: 桃猫 | 2006/07/22 03:15

はじめまして。

元泉館私も昨年の秋紅葉の時期に

行きました。平日だったので非常に

すいていました。硫黄泉がぬるくて

心地よかったです。フロントに人よかった

記憶があります。

投稿: ogikubo | 2006/07/22 07:21

σ(^^)も数年前に泊まりました。
邯鄲の湯ですが浴槽に天井から水滴が落ちると黒く見えたので初めは「汚れた水」かと思っていたけど試しに水滴をタオルで受けると黒く無い・・・え?何故って記憶があります。何かの化学反応なんですかねぇ?

朝食の温泉粥美味しかったなぁ。

投稿: HACHAPP@昼休み | 2006/07/22 18:44

ここのお湯はすばらしい。とても気に入っています。私も一度だけ行ってますが、塩原元湯はどこも泉質バツグンですよね。なんだか行きたくなってしまったな~。

投稿: ごまちゃん | 2006/07/22 22:44

HACHAPPさん、お久しぶりです。

>邯鄲の湯ですが浴槽に天井から水滴が落ちると黒く見えたので初めは「汚れた水」かと思っていたけど試しに水滴をタオルで受けると黒く無い・・・え?何故って記憶があります。何かの化学反応なんですかねぇ?

そうだったのですね。
二回とも岩の同じ場所に溜まっていたので、墨湯かと思いましたよ。
はずかしい"^_^"
研究心のない、感覚だけで温泉まわりをしているのんの弱点を披露してしまいました。

番頭さん。
ミスレポ、すみませんm(__)m

投稿: のん | 2006/07/23 16:24

>のんさん
いや、σ(^^)だって全て見たわけじゃないからそんな場所が(または時が)有るかもしれません。ミスレポなどと云わなくても大丈夫でしょう。

同じ成分が同じ場所に有るんでしょうから始めから混ざって黒い湯の場所が有ったって不思議じゃ無いでしょう。


投稿: HACHAPP | 2006/07/23 23:26

皆さんの熱いレス、嬉しいですねぇ。
やはり、こういう名湯は反応が違います。

>桃猫さん
お久しぶりです。
元湯の3館とも朝は温泉粥なんでしょうか。泊まりたいなぁぁぁ。

>ogikuboさん
紅葉シーズンでも平日は空いてましたか。泊まるなら平日ですね。
フロントにはその時も女将さんがいたのでしょうね(確信

>ごまちゃんさん
トラバ、ありがとうございます。
先月、入られたのですね。主婦湿疹に効いたよし、さすがです。元湯は塩原でも一番ですね

>HACHAPPさんとのんさん
お二人のやり取り最高です。
でもその現象知らないからよく分かりません(>_<)
泊まってないと参加出来ない話題ですね(悔

投稿: 流れ星@番頭 | 2006/07/23 23:50

ここの黒湯のことは流れ星さんから経緯は聞いていましたが再確認。
「去年きたときは、お湯が大出館の墨の湯以上に黒くてびっくりしたんですが。」
「雨がいっぱい降ったりした後は、滅多にないけど黒くなることもあるんですよ。
 しみ出てきた水が混じって化学変化起こしたりでは。湯口は透明なんですけどね」
この日11月12日は初雪で、木々に雪が積もり、紅葉とのミスマッチが妙にいい案配でした。
でも団体の宿泊客到着で入浴できず。

で、日を改めて行ってみました。
今回は、緑がかった半透明な湯
中性の硫黄泉は、日光湯元、那須のグリーンパールやおおるり、早乙女温泉などなど。
ここも中性なんでやさしい湯につつまれる感覚も良いです。

投稿: デミオ | 2006/11/27 22:19

ここの若主人さんと友人なんで、なにか要望があったらおっしゃってください

先日、寄った時は、とても気持ちよい対応でした

すべて、人なんですよね~

投稿: KAZU | 2007/03/21 23:05

>KAZUさん
こちらでははじめまして、ですね。
今後ともよろしく。

実は若旦那、どの方なのか知りません。
ぜひご一緒できた時にでも紹介してくださいね。

マイスター講座にも来られてたかな?

投稿: 流れ星 | 2007/03/24 10:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46043/11003302

この記事へのトラックバック一覧です: 【塩原元湯】元泉館:

» 塩原元湯温泉 元泉館(栃木) [ごまちゃん温泉体験記]
塩原温泉発祥の地、塩原元湯温泉にある旅館です。秘湯と言われますが、お風呂好きにはかなり有名な所だと思います。特に、にごり湯ファンは行ったことが無くても名前ぐらいは聞いたことあるのではないでしょうか。自家元泉3本も持っている贅沢な宿ですよ。 以前、元泉館隣...... [続きを読む]

受信: 2006/07/22 22:47

« 【日光湯元】実之屋 | トップページ | 【板室】ホテル板室 »