« 【湯西川】観光センター開設 | トップページ | 最新事情@栃木 »

2006/08/19

【鬼怒川】一富士

御宿 一富士
060818_077060818_050

湯西川観光センターオープニングの後、鬼怒川温泉で唯一気になっていた鬼怒川バイパスにある一富士に立ち寄った。
ここは旅館である御宿一富士、民宿一富士、食事処一富士を一体として経営している。100mほどそれぞれが離れているが。当然だが宿泊客が多い時は立ち寄りを断られるが、鬼怒川の宿の中では客が多い方なのでご用心。尚、温泉は御宿一富士にだけある。

フロントのすぐ隣が浴室となっていて、「表の湯」「奥の湯」の2つあるが、露天風呂は「表の湯」に作られ、奥の湯は内湯のみだ。

060818_055

060818_056

060818_060060818_062
 
鬼怒川川治温泉観光開発の源泉使用にしては鮮度があり、表示には循環とあるが、完全に掛け流しだ。
無論個性の無い温泉には違いないが、塩素臭は全くなく、快適だ。
 
060818_058060818_057060818_061
 
<施設名> 御宿一富士
<所在地> 栃木県日光市鬼怒川温泉滝798-1  <TEL> 0288-76-8466
<源泉名> 鬼怒川川治温泉観光開発1,2号混合泉
<泉質> アルカリ単純泉   <pH> 8.6
<泉温> 44.0℃
<成分総計> 0.232g/kg

<営業時間> 6:00~10:00  15:00~21:00
<入浴料>  大人 800円

     2006.08.18


|

« 【湯西川】観光センター開設 | トップページ | 最新事情@栃木 »

コメント

一富士は、貸切の露天が掛け流しと聞いていて、そちらに入りたくて何度か行きましたが、清掃中だったり、お金迄払って入ろうとしたら、宿泊の人が来て貸切札を持って入っていったり(宿泊者優先です)…で、まだ未湯でした。
先を越されてしまいましたね。

内湯は循環と聞いていましたが、内湯も掛け流しなのですね。

個性のない温泉でも、鬼怒川では貴重な新鮮湯ですね。

投稿: のん | 2006/08/19 21:50

のんさんが一富士の掲示板に書き込まれているのを読んでます(^^;)
なんだか、横取りしたようですみませんねぇ。

配湯量に見合った大きさの浴槽だからいい状態で入れます。
露天風呂はまだ一杯になってない状態でした。
奥の湯じゃちょっとつまらないから、のんさんご夫婦は表の湯を貸切でしょうね。そういう融通をきかせてくれるのは嬉しいですね。宿の若女将(?)の対応もとても良かったですよ。

投稿: 流れ星@番頭 | 2006/08/20 01:12

宿の若女将って、高校生ですか?

投稿: ねぎ | 2006/10/01 13:54

>ねぎさん
はじめまして。
意味がよくわかりませんが、若女将だと断定してはいませんからね。確かめませんでしたから。

投稿: 流れ星 | 2006/10/02 13:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46043/11502651

この記事へのトラックバック一覧です: 【鬼怒川】一富士:

« 【湯西川】観光センター開設 | トップページ | 最新事情@栃木 »