« 【那須湯本】川原の湯 | トップページ | 【塩の湯】柏屋旅館 »

2007/01/06

【那須湯本】滝乃湯と月光館

那須温泉浴場組合 滝乃湯
060326_080

那須湯本の民宿に泊まらない限り入れない共同浴場に憧れ続けてきた。
年末押し迫った29~30日に泊まろうと月光館に電話したら即予約出来たので勇んで出かけた。

月光館は民宿だが、那須街道に面した旅館の月光館別館とは系列で、女将さんがその両館を一人で仕切っている。別館は内湯に山楽源泉を引いているが、民宿には風呂はない。その代わりすぐ隣に滝乃湯があるというわけだ。
0612nasu_0070612nasu_012

古来より湯治場では共同浴場の周囲に宿が建ち並び、宿から湯に出かけるというのがごく一般的な形だった。東北地方の温泉地でもその形式は残っている。那須湯本では民宿でも内湯に鹿の湯源泉を引き湯している宿が3軒あるが、10軒には風呂がないというわけだ。
月光館はなんと1泊5000円で2食付き、その食事だって十分な内容だ。但し、布団はセルフサービスだ。
湯本で湯治しようと思えば最高と言える。

課題の滝乃湯はログハウス造りの木造で、外見も垢抜けている。しかも上右の写真にある電子キーを近づけるとドアが開くという最新システムだ。男女別の入口にそれぞれセンサーが取り付けてあり、インジケーターが緑になればドアを押すだけで開くが、最初ノブを回そうとして入れなかった。出る際はキーは関係なくノブを回せばいい。

入った印象は意外に広々としていて、すべて木で造られた室内も感じがいい。脱衣場には洗面台や水洗トイレもある。
0612nasu_0510612nasu_057

成分分析表の掲示もあり、そこに「御所の湯」と書いてあるではないか!
外の案内看板には「行人の湯」を引いたと書いてあり、川原の湯にも源泉は行人の湯と書かれていた。しかし現在は御所の湯なんだと意味もなく嬉しくなってしまった。鹿の湯の駐車場の隅に「御所の湯」の湯井があり、以前から疑問に思っていた。
0612nasu_1040612nasu_106

と言うことは、鹿の湯と同じ湯に浸かるのではなく、完全に独自源泉で、どこの宿にも引かれていない湯に浸かれるということだ。一層、滝乃湯の有り難さが心に沁みてきた。

取り敢えず、浴室にはいると、5人は入れる浴槽が二つ。その右側に掛け湯の湯槽があり、2本のパイプから常に湯が流れ出ている。
0612nasu_045
0612nasu_0440612nasu_046

組合員には毎日入る日常の湯だから42℃と45℃になっていた。ここも湯口の木栓で湯量を調節し温度を変えるようになっている。快適な湯温で入る酸性硫黄泉はこれはこれで最高だ。口に湯を含むと強烈な酸味と、硫化水素の香りに刺される。
何とも至福の時を過ごさせてくれた。是非温泉マニアには民宿に泊まって欲しいものだ。

宿泊
<施設名> 民宿 月光館
<所在地> 栃木県那須郡那須町湯本181  <TEL> 0287-76-2355
<宿賃>   2食付き 5000円  冬季暖房費は1部屋500円追加

共同浴場
<施設名> 那須温泉浴場組合 滝乃湯
<所在地> 栃木県那須郡那須町湯本181
<源泉名> 御所の湯
<湧出地> 栃木県那須郡那須町湯本165
<泉温>  68.1℃    <pH> 2.53
<成分総計> 1.031g/kg   <蒸発残留物> 825.8mg/kg
    陽イオン H 3.0 Na 48 K 11.2  Ca 109.4 Mg 61.4 計217.8mg
    陰イオン F 0.8 Cl 40.9 SO4 414.2 HCO3 157.8  計 610.1mg
    遊離成分 メタホウ酸 0.1 メタケイ酸 165.1 遊離ガス H2S 28.8
<分析年月日> 平成18年2月24日
<入浴時間> 5:00~23:00
<入浴設備> 男女別内湯 浴槽2槽
<注意事項> 組合員及び民宿宿泊客以外は入場禁止。


     2006.12.29


|

« 【那須湯本】川原の湯 | トップページ | 【塩の湯】柏屋旅館 »

コメント

流れ星さん、こんばんは。
那須湯本の共同浴場のレポ
楽しく拝見させていただきました( ^ ^ )

な・ななな、なんと御所の湯単独ですか~!!
しかも新しい分析が掲げられていたのですね。
私達が訪問した数年前は確か、
御馴染みの行人だったと記憶しています。
最近このようになった??それとも以前から??
うーむ。なんにしても凄いっっ。

民宿の料理や料金も良いですね~。
先程三昧と眺めていて「宿泊に行きたいね」と
話しておりました。

那須湯本はやっぱり素晴らしいです。

投稿: まぐぞー | 2007/01/08 21:16

>まぐぞーさん

ここの事前調査はまぐぞーさんのHPでした。いつもお世話になっています。

泉質は明らかに鹿の湯・行人の湯混合泉と異質でしたが、あの分析表はちょっと変な所があって、もう少し調査します。↑の数字も画像読みとれなくて不正確です。
詳細を掴んだら、みしゅらんにも書き込もうと思っています。
それと、滝乃湯は加水で温度調整してました。組合員にとっては日常のお風呂なんだから、当然のことです。

投稿: 流れ星 | 2007/01/09 01:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【那須湯本】川原の湯 | トップページ | 【塩の湯】柏屋旅館 »