« 【塩原IC】千本松温泉 | トップページ | 【那須湯本】子鹿の湯 »

2007/01/04

【那須湯本】那須ビューホテル

那須ビューホテル
0612nasu_147

2006年を締め切る那須湯元温泉の湯めぐりで、最後に立ち寄ったのが那須高原を見晴らせる露天風呂に期待して那須ビューホテルだった。

土日だと昼食付きの立ち寄りがお得なのでそのうちに、とは思っていたが先延ばしになっていた。この日絶好の冬晴れに誘われ遠く八溝山系を望む景色を期待して寄ったわけだ。
フロントで那須温泉郷 温泉入浴手形を出すと、即座に「500円でどうぞ」と言われ、ほっと安心。実はこの手形を使うのは初めてだった。
5階のロビーからエレベーターで1階へ降り男女別大浴場に向かう。マッサージチェアが置いてある休憩スペース(喫煙可)の反対側にカウンターを挟んで男女別の暖簾が掛かる。

0612nasu_1430612nasu_141
0612nasu_1250612nasu_128

3人分の洗面台が並ぶ脱衣場は貴重品ロッカーも完備した木棚だ。
自動ドアを通り抜け浴室に入るとまずはサウナルームがあり意外な構成だ。そこから階段を下り浴槽や洗い場へ進む。窓の外には期待通りの広々とした景色が広がる。
浴槽はエアブローのある白湯が一番広く、その隣に奥の沢噴気泉、更にもう一つ白濁していたから鹿の湯源泉かと思ったら「酵素風呂」と表示がある浴槽が並ぶ。カランは13個あり、アメニティーも十分だ。

0612nasu_128_10612nasu_129

ドアを抜け露天に出ると「じゃぶじゃぶ水路」という小石が敷き詰められた浅い水路を歩くようになっていてその向こうが展望露天風呂だ。

0612nasu_1350612nasu_134

ここは間違いなく鹿の湯・行人の湯混合泉で硫黄の香りで嬉しくなる。若干熱めの湯加減で出たり入ったりして楽しめるが、なんと循環加熱していた。酸性硫黄泉の循環には初めて遭遇した。しかし白濁は十分だし、酸性泉らしい浴感に不足はない。塩素は効くはず無いから消毒には何か工夫をしているのだろう。
今回内湯ばかりだったから、那須高原を見下ろしながら那須湯本の硫黄泉に浸かれるのは気分最高だ。

帰ってから気が付いたが、ここもCRTのスタンプラリーに入っていて押して貰うのだったと後悔した。
スタッフの対応は必要十分という感じで、特にサービスがいい感じではないが、那須の他のホテルにも共通したレベルと言える。

<施設名> 那須ビューホテル
<所在地> 栃木県那須郡那須町湯本212  <TEL> 0287-76-1111
<立ち寄り時間> 11:00~15:00
<入浴料> 平日・大人 1000円   休祭日・大人 1500円
        昼食セットプラン 2100円(休祭日も同じ)

露天風呂
<源泉名> 鹿の湯・行人の湯混合泉
<湧出地> 栃木県那須郡那須町湯本165
<泉質> 食塩・石膏泉(硫化水素型)
<湯温> 68.4℃      <pH> 2.5
<成分総計> 1.04g/kg   <蒸発残留物> 814.8mg/kg
    陽イオン H 3.2 Na 39.2 K 10.8  Ca 70.1  計149.8mg
    陰イオン F 0.8 Cl 79.9 SO4 398.2   計 521.3mg
    遊離成分 メタホウ酸 0.1 メタケイ酸 338.3 遊離ガス H2S 28.8
<分析年月日> 平成11年2月23日

内湯天然温泉
<源泉名> 奥の沢噴気泉 No.1~5混合泉
<湧出地> 栃木県那須郡那須町湯本字大丸奥の沢147
<泉質> 単純硫黄泉(硫化水素型)
<湯温> 65.4℃      <pH> 4.1
<成分総計> 0.738g/kg   
    陽イオン Na 9.0 K 1.8  Ca 50.7 Mg 4.1  計71.7mg
    陰イオン F 0.1 Cl 2.0 SO4 179.2   計 181.8mg
    遊離成分 メタホウ酸 0.0 メタケイ酸 64.3 遊離ガス H2S 26.2
<分析年月日> 平成8年12月6日

     2006.12.30

|

« 【塩原IC】千本松温泉 | トップページ | 【那須湯本】子鹿の湯 »

コメント

那須温泉郷の「温泉入浴手形」、那須ビューホテルにも有効でしたか。入浴手形を売っていた「あきもと」のご主人は、「大きなホテルでは、(500円で入浴できることが)フロントに申し送りされているかどうかわからないよ」とおっしゃっておりましたので、なんとなく敬遠していました。私も入浴手形持参で訪れようと思っています。循環とは知りませんでした。貴重な情報です。参考にさせていただきます。

投稿: 夢来人 | 2007/01/04 20:43

>夢来人さん
やっと使ってみました。へんな対応は全く無かったですよ。
硫黄泉の循環には驚きましたが、眺めがよく十分楽しめました。鹿の湯の露天風呂(展望が利く)は、あとは松川屋にしかないですね。
手形は、はなやホテルが小鹿の湯を作って現在400円で入れますし、高原荘が正規料金500円、十石荘が現在休館(大ショック!)と使い道が限られましたが、一応那須ビューホテルだけで元は取れました。清水屋に近いうちに伺うつもりです。

投稿: 流れ星 | 2007/01/05 10:25

流れ星さんが十石荘に行かれた日がたまたま「休館日」だったということなのでしょうか。それとも、ずっと「休館」している状態が続いているのでしょうか。
実は昨年の11月中旬に訪れ、入浴手形で入湯してきたばかりです。ここの温泉は露天こそありませんが、ぬるくていつまでも入っていられるので好きです。
改装のため休館することは、温泉旅館にはよくあることですが…。なにか情報をお持ちでしたら教えてください。

投稿: 夢来人 | 2007/01/05 20:56

>夢来人さん
私は現地を確認してませんが、デミオさんの情報に寄りますと、
「道の駅に置いてある日帰り温泉情報のチラシに、キャセロール、童話荘と十石荘に斜線。
キャセロールのほうは立ち寄りは数年前にお断りになっているのは確認済。
童話荘→駐車場にロープが張られやってません。
十石荘→休館の貼り紙がありました。(2006年12月30日現在)」

とのことで、一番の稼ぎ時である正月に改装で休館は無いのではないかと思います。じゃらんでも削除されています。

投稿: 流れ星 | 2007/01/05 22:50

昼食付きだとお得なので、いつもそうしていましたが、手形で今度行ってみようと思ってましたが…
やはり循環してましたか。
循環できるのですね。
ここは、マッサージ機も確か無料で、昼食付きか手形なら、うれしい価格だと思います。
童話荘のロープには、のんもびっくり!
結構車が停まってたと思うのですがね。
十石荘は初耳です(>_<)
手形で行っておいて良かったー。
また行こうと思っていたのですが…

投稿: のん | 2007/01/06 00:43

>のんさん
マッサージ機も無料でした。3台ありますね。全部ふさがっていたので掛かれませんでしたが。

童話荘は未湯でしたがのんさんは入られましたか?

十石荘、このまま無くなったら実に残念ですねぇ。
再開を祈るのみです。

投稿: 流れ星 | 2007/01/06 11:12

童話荘も十石荘も未湯で、
十石荘は、じゃらんでも削除ですか。。。
「閉館」ではなく「休館中」の表示だったので
再開を期待します。

年末に中禅寺湖のアジアンガーデンで日光湯元からの引き湯の
循環ろ過・加温・塩素に入湯しましたが、白湯と思うくらい
源泉とはまったく違う湯になっていました。
それに比べれば、那須ビューホテルは循環でも鹿の湯の源泉の特徴を
しっかり留めており良いほうだと思います。

投稿: デミオ | 2007/01/06 13:24

はじめまして、いつも読み逃げしてすみません。
こちらのブログを参考に温泉めぐりをしています。
那須ビューホテルはいつも温泉手形を利用していますが時間制限があるのでせめて夕方まで入れてくれるといいなぁと思っています。
十石荘は11月に行って来ましたが休館なんですか・・・、貸切状態なので気に入っていたのですが残念ですね。
このお正月にはおおるり山荘のお風呂に入って来ました。午前中だったので女湯は私一人でした。ぬるめのお湯でしたがゆっくり浸かれて満足でした。でもドライヤーがなかったんですね、髪の毛びしょびしょで出てくるはめになりました(≧◯≦)・゜゜・。
小鹿の湯は電話したらアメニティなど何も無いと言われ断念しましたがドライヤーもないのでしょうか?(って旅館に聞くべきですね(;_q))
次回はサンバレーの温泉に行ってみようと思っています。トワイライトチケット利用で600円だそうです。


投稿: マックスのママ | 2007/01/07 16:07

子鹿の湯は水飲み場の脇に、ドライヤーはひとつありました(男湯)。

サンバレーはいつのまにかトワイライトチケット登場してるんですね。
サイトあまり確認しないので、お知らせ出てるの知りませんでした。ありがたいです。
それでは早速行こうかなぁと思いましたが
1月8日(月)17:00~1月13日(土)12:00迄は施設メンテナンスのため休館だそうで。

投稿: デミオ | 2007/01/07 21:32

>マックスのママさん
よく、お出で下さいました。大歓迎です。

参考になるかどうか不安ですが、これからも見てください。
那須温泉手形の愛用者がここにもいましたか。嬉しいですね。
おおるり山荘、ドライヤー無かったですかね。あらためて写真を確認しましたが映ってないです。この時季髪濡れたままはきついですね。暮れの湯本で川原の湯から宿まで帰るのに髪が凍ってました(^^;
子鹿の湯がアメニティー無しというのは浴室内のシャンプー類のことですね。デミオさんが「水飲み場」と書いたのは洗面台ですが、こじゃれたボールがセットされてました。

>デミオさん
ここでの情報はホント貴重ですね。お互いサンバレーは避けてましたが、600円なら探索してもいいですね。山荘あたりは気になっているんですよ。
オフ会やりましょうか?

投稿: 流れ星 | 2007/01/08 00:31

マックスのママ さん、はじめましてm(__)m

女湯にも、ドライヤー一台ぶら下がってました。

アメニティーを置かなかったのは、その分、入浴料を安くした方がいいかな?と思ったと、若女将がおっしゃってました。(^^♪

投稿: のん | 2007/01/08 10:47

のんさん、こんにちは、はじめまして。

ドライヤーがあるというのは「小鹿の湯」ですよね(*^。^*)
電話した時に女の人が「何にもありません~~」と言っていたので今度行く時には持参しようと思っていたところです。
情報ありがとうございます!

あと板室の「幸の湯」もシャンプーありませんでした。もう2年位前の情報ですが・・・。

立ち寄り温泉へ行く時の「持参セット」にドライヤーを加えて色々温泉楽しみたいと思っています。

これからも色々な情報、よろしくお願いします('-'*)ヨロシク♪。

投稿: マックスのママ | 2007/01/08 16:57

「休館」中の十石荘の、その後がずっと気になっています。
そこで、那須湯本の駐車場反対側にある
「那須温泉旅館組合」を訪れ、直撃取材。
同組合の職員は
「休館しているというのは承知しています」と
繰り返すばかりでした。

地元の旅館関係者も
「組合からは詳しい話は何も聞いていない」と
いいます。

確認のため、十石荘に向かおうとしましたが、道路に積もっていたシャーベット状の雪は標高が高くなるにしたがって、その厚さを増していきました。

平野部に住む私の車には
ノーマルタイヤしか装着していないので、
十石荘行きは断念して、引き返してきました。

日帰り入浴で何度もお世話になった十石荘!
再開を願わずにはいられません。

投稿: 夢来人 | 2007/02/19 00:07

>夢来人さん
十石荘のその後調査ご苦労様です。
ホントに「休館」ならいいですが、どうなりますか。。。

冬場、那須にノーマルタイヤですか。度胸満点!

投稿: 流れ星 | 2007/02/20 23:59

こんにちは。
ホッピング券があったので那須の温泉に日帰り
入浴に行ってきました。
那須ではいつも雲海閣で入浴するのが多く、たまに
鹿の湯、山快など。
今回は無料なので最初はビューホテルに行ったのですが、団体もいて込んでいそうだったので、急遽変更して松川荘へ。平日1200円、土日1500円が無料で、ホッピング券に感謝です。
大きいホテルなので期待していなかったのですが、掛け流しで鹿の湯が堪能できました。
ジャクジーとか変な浴槽はなくシンプル内湯と小さな露天風呂だけ。眺めは最高で、清潔です。
内湯は大きな湯船は適温で、源泉が流れ込む小さな湯船は45度以上の感じでかなり熱め。激熱の鹿の湯がゆったりと味わえます。入浴料金が半額ほどなら最高のお勧めです。

投稿: kabumasa | 2007/03/04 21:43

>kabumasaさん
はじめまして。
松川荘、湯めぐり日記にありませんね。失礼しました。
十数年前、鹿の湯が早く終わってしまったので家族で入ったことがありますが、あの入浴料に怯んでしまいレポ書けてません。思い切って行かないとね。
あのホッピングチケットは時間置いていけるからいいですよね。

投稿: 流れ星 | 2007/03/05 23:59

2010年1月3日に閉館しました。残念です。

投稿: デミオ | 2010/05/18 01:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46043/13325401

この記事へのトラックバック一覧です: 【那須湯本】那須ビューホテル:

« 【塩原IC】千本松温泉 | トップページ | 【那須湯本】子鹿の湯 »