« 【古町】もみじの湯 | トップページ | 【鬼怒川】あけび »

2007/02/10

【門前】山口屋旅館

山口屋旅館
070209002070209001

隣の青木屋本館が廃業し、空き地がどうなるかと思っていたら工事の後、塀が建ち駐車場となったので気にしていたわけだが、行って見たら実に見事な露天風呂に変貌していた。

去年までは源泉のパワーは感じるものの、内湯(あまり個性的とはいえない)のみで、湯めぐり手形にスタンプ押して貰うために寄ったような記憶がある。若旦那のかくし芸はTVも取材に来て相当有名だが温泉の範疇ではない。
それが塩原温泉で最新の素晴らしい露天風呂を2007年1月オープンし、一気に本格的な独自源泉掛け流し温泉旅館に生まれ変わったのだ。

070209023

070209013


以前からある男女別内湯で身体を洗ってから直接すぐ露天風呂に出られるようになり、木枠の浴槽に豊かな源泉が適温で掛け流され、各風呂から見渡せるように岩を配した滝と池のある和式の庭園が設えられている。
まだ木々が成長していないから少し寂しいが、それが葉を茂らせ、夜の照明に照らし出される光景は夢幻の世界に引き込まれそうだ。
浴槽の周囲はわずかな段差で板が敷き詰められ、隙間から湯が落ちるようにできている。那須湯本の鹿の湯と同じようだ。床下はコンクリートの枠で排湯を受ける構造だ。

070209036門前の街の中だから目隠しの塀は高いが、それを意識させない工夫がそこかしこに凝らされている。壁に掛けられた一輪挿しには押し花を趣味としている女将のやさしい気持ちがこめられている。
 
 

 
貸切露天風呂は2つあり、こちらもうまく庭園を眺める配置になっている。
時間制の貸切りで、何人入っても50分2000円と非常にリーズナブルだ。ゆったり3人、無理すれば5人同時に入れるから家族連れにはピッタリと言える。
070209004070209006

070209008070209034


これだけの浴槽を全部掃除と湯替えをするから立ち寄りは2時以降となる。源泉が熱いから熱交換して下げたり、微妙な温度調整をし、1時間置きに湯温チェックを行うなど、湯の管理は万全だ。温泉の分析も今年1月に実施済みだ。
湯めぐり手形も有効だし、駐車場も広く、これから塩原温泉で人気の湯となること間違い無しだ。

男女別内湯
070209011070209027


<施設名> 山口屋旅館
<所在地> 栃木県那須塩原市塩原703   <TEL> 0287-32-2051
<源泉名> 山口屋・青木屋共有源泉 谺(こだま)の湯
<湧出地> 栃木県那須塩原市塩原700番地2
<泉質> Na・Ca-Cl・HCO3塩泉(中性低張性高温泉)  <pH> 6.6
<泉温> 66.0℃  <湧出量> 73.2リットル/min
<成分総計> 1.676g/kg   <蒸発残留物> 1492mg/kg
   カチオン Na:270.1mg 11.75mbal 62.0mbal% K:32.8mg
         Ca:81.2mg 4.06 21.39 Mg:27.9mg Fe:0.2mg 計412.4mg
   アニオン Cl:451.2mg 12.73mbal 65.65mbal% F:0.3mg SO4:40.9mg
         HCO3:352.6mg 5.78 29.81 Br:1.0mg  計846.0mg
   遊離成分 メタ珪酸:240.6mg メタホウ酸:28.6mg
   ガス分   CO2:148.6mg H2S:0.0mg
<分析年月日> 平成19年1月17日
<立ち寄り時間> 14:00~18:00(土曜日は避けよう)
<入浴料金>  大人 600円  小人 420円
<貸切料金>  浴室1室 50分 2000円

|

« 【古町】もみじの湯 | トップページ | 【鬼怒川】あけび »

コメント

以前寄った時は、平成5年5月の分析書には源泉名「山口屋、青木屋共有源泉」とありましたが、
源泉名「谺(こだま)の湯」ということでもう一本あったんですかね。
新しく露天風呂を設置して立ち寄りできるか不明だったので、
外からできあがった塀しか見てないので入ってみたいです。

投稿: | 2007/02/10 20:36

>名無しさん
上に書き足した通り、最新の分析表には「山口屋・青木屋共有源泉 谺(こだま)の湯」とあります。
「谺の湯」という源泉名は山口屋の先代が県に登録した時名付けた名前だそうですよ。

是非塩原最新の露天風呂に浸かってみてください。

投稿: 流れ星 | 2007/02/12 23:27

失礼しました。
前コメントはうっかり名前入れ忘れてボタン押してしまいました。
ハイ、先日、自家源泉のかけ流しに、つかってきました。
まず湯巡り手形を旅館組合で購入。そのまま歩いて山口屋旅館へ
手形が使えて半額の300円。太っ腹です。今までと同じ料金。
貸切でないほうの露天風呂は内湯の脱衣所からつながっており
着替えないで済むので便利でした。
宿のblogを拝見すると、
気合い入れてるだけのことはあると思いました。

蛇足ですが、近辺では昔の水道があちこちでかけ流されており
山口屋旅館の前の水道の受け口には金魚がいて少々びっくりしましたが
今回金魚はいなくなっていました。

投稿: デミオ | 2007/02/13 23:56

あれれ、デミオさんでしたか、失礼しました。
名前入れなくてもアップするんですね、知りませんでした。

金魚は気づきませんでした。さすが観察の細やかなデミオさんですね。
もしかしたら、露天風呂の前にできた池に引っ越したのかもしれませんよ。今度、若旦那に聞いてみましょう。
そうだと随分広い部屋に移ったから戸惑っているかな?

投稿: 流れ星 | 2007/02/14 09:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【古町】もみじの湯 | トップページ | 【鬼怒川】あけび »